Number ExBACK NUMBER

<菊花賞>初の父子牡馬3冠なるか コントレイル、“偉大な父”ディープインパクト超えへ不安は?

posted2020/10/20 17:03

 
<菊花賞>初の父子牡馬3冠なるか コントレイル、“偉大な父”ディープインパクト超えへ不安は?<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

ネコのように前脚を伸ばすコントレイル。調教前のストレッチはモーニングルーティンとなっている

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

 日本の競馬史が、今週もまた書き換えられるのか――。

 いよいよ今週末、史上3頭目となる無敗の三冠制覇を狙うコントレイル(牡3歳、父ディープインパクト、栗東・矢作芳人厩舎)が第81回菊花賞(10月25日、京都芝外回り3000m、3歳GI)に出走する。

 先週、史上初の「無敗の牝馬三冠制覇」を達成したデアリングタクトに次ぐ、2週連続での歴史的快挙が期待されている。

“3歳の夏”は難しい

 コントレイルは、日本ダービー以来4カ月ぶりとなった秋初戦の神戸新聞杯で、単勝1・1倍の圧倒的1番人気の支持に応えて完勝。戦績を6戦全勝とした。

 道中ずっと他馬に囲まれながらも、直線で鋭く抜け出したレースは楽勝に見えたが、陣営は楽観視していなかった。

 圧倒的な強さで1994年の三冠を制したナリタブライアンでさえ、秋初戦では敗戦を喫した。夏を過ごした北海道が異常な暑さだったことが響いたようだ。

 また、ディープインパクトを担当していた市川明彦厩務員が、ディープのキャリア14戦のうち、レース後に感極まって涙を流したレースが神戸新聞杯だった。

 それらのエピソードが示すように、3歳の夏を無事に過ごすことは非常に難しいと言われている。

「人間より賢いと思うこともある」

 コントレイルは、ダービーを勝ったあと、鳥取の大山ヒルズに放牧に出され、秋に向けて調整されていた。大山ヒルズの齋藤慎ゼネラルマネージャーによると、以前より背が伸びて、体に幅が出てきたように感じたが、馬体重に変化はなかったという。

 管理する矢作芳人調教師も同様に、外見上の変化は少しトモに幅が出たくらいだが、筋肉の質がよくなっていることを感じると話していた。

【次ページ】「人間より賢いと思うこともある」

1 2 NEXT
コントレイル
ディープインパクト

競馬の前後の記事

ページトップ