プロ野球PRESSBACK NUMBER

「カネを出さなければ勝てない!」2年連続最下位でも…野村克也が阪神オーナーを説教した日 

text by

清武英利

清武英利Hidetoshi Kiyotake

PROFILE

photograph byBungeishunju

posted2020/10/09 17:02

「カネを出さなければ勝てない!」2年連続最下位でも…野村克也が阪神オーナーを説教した日<Number Web> photograph by Bungeishunju

甲子園球場

「投手がマウンドでオロオロしている」

「不甲斐ない成績で、非常に心苦しいです。昨年と同様に外国人頼りのチーム成績です」

 野村は会談に入るなり頭を下げ、

「いま、今シーズン終了後における自分の出処進退について考えています。2年連続最下位になると熱狂的なファンが許してくれないと思います」

 と続けた。1年目が惨敗に終わったころ、野崎(勝義)たちに「このチームはわしではあかんな。選手が言うことをきかんわ」と漏らしていたこともあり、久万たちはまあまあ、となだめにかかった。ここからが野村の真骨頂である。まずは、ぼやきと回顧談──。

「残念なことは、選手一人一人の気持ちの持ち方です。先制点を取られると受身になってしまい、反撃できずに試合が終わることが非常に多い。藪恵壹や湯舟敏郎が代表するように、強いチームと対戦しピンチを迎えると、マウンドでオロオロしているように見受けられます。我が身が可愛いので、思い切り開き直って相手に向かっていない。

 昔の江夏豊は強打者でも逃げることなく向かっていった。巨人に移籍した工藤公康投手の場合、ピンチの修羅場をいかに凌ぐか楽しんでいますよ」

「今の一軍コーチは、サラリーマン的」

 久万は、“野村本”の愛読者である。野村の毒気を含んだ話を聞くのも嫌いではなく、「彼の言うことはいちいち腹が立つわ。正しいことを言っているからなおさら悔しいんや」とこちらもぼやきながら、会合を重ねている。

 この日は午後2時から、チームの現状や来季に向けての構想を聞くのが久万たちの目的である。野村節はオーナーの非も突くので、久万はときどきカッとなって激論になるが、この日はもっぱらご意見拝聴に流れた。続いて、選手批判だ。

「タイガースの選手は、マスコミや大勢のファンの目があるので、ついついスタイルや格好ばかりを意識しています」

 本音では、選手たちが生意気でどうしようもないと思っていた。中軸の今岡誠などそっぽを向いている。それを受けて、久万が、

「うちの選手は、ええ格好しいが多いので、なかなかコーチの言うことを聞かない、ということを聞いたことがある。逆に、コーチの指導ぶりはどうか、監督の意図を理解しているんかな」

 そう尋ねると、野村は我が意を得たりとばかりに、一軍コーチや二軍監督の岡田彰布をなじった。

【次ページ】できれば自分が二軍のコーチをやりたい心境ですよ

BACK 1 2 3 4 NEXT
阪神タイガース
野村克也

プロ野球の前後の記事

ページトップ