ラグビーPRESSBACK NUMBER

早稲田大学の1年生が夢見るラグビーW杯 金の卵が手にするのはボールじゃなくて“ホイッスル” 

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph byWASEDA University

posted2020/10/08 17:00

早稲田大学の1年生が夢見るラグビーW杯 金の卵が手にするのはボールじゃなくて“ホイッスル”<Number Web> photograph by WASEDA University

早稲田大学ラグビー部の練習でアシスタントレフリーを務める古瀬(1年)。レフリーを経験して、ラグビーの奥深さに魅了された

「僕も高いところを目指さなければならない」

 古瀬は去年まで高校生だったルーキーで、そんな先輩たちの実績とは比ぶべくもない。

 ただ大学1年生とは思えないほどの落ち着いた声色で、古瀬は未来を口にする。小学校低学年から英会話教室に通っていたため英語は堪能だが、ニュースを英語で聞くなど、英語力を継続的に向上させている。高い目標があるからだ。

「高校生でTIDに入れてもらい、そこで世界のレフリーは若い年齢でワールドカップを経験していることを知りました。TIDに選んで頂いた以上は、僕も高いところを目指さなければならないと思っています」

 プレイヤーと同様に、レフリーもまた高みを目指している。夢のW杯レフリーへ。果敢なチャレンジのホイッスルはもう鳴っている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
古瀬健樹
早稲田大学
東福岡高校
久保修平
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ