欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

アーセナルファンが19歳久保建英に伝えたい「エメリ監督とはサカのように付き合え!」

posted2020/10/03 17:02

 
アーセナルファンが19歳久保建英に伝えたい「エメリ監督とはサカのように付き合え!」<Number Web> photograph by Getty Images

4節まで途中出場が続く久保建英。エメリに気に入られるのはどんな選手なのか

text by

山中拓磨

山中拓磨Takuma Yamanaka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今季、久保建英はラ・リーガの強豪ビジャレアルの一員としてプレイしている。

 マジョルカで印象的な活躍を見せたのに引き続いてのローン移籍で、既に勝手知ったるスペインの地、そしてCL出場権争いも視野に入れるクラブでのプレイはステップアップのための筋の通った選択だといえるだろう。

 だが、同じリーグとはいえ監督やチームメイトなどの環境が昨季とは大きく異なるのも事実で、ここまでの所ベンチからの途中出場はあるもののまだ先発はなく、チームでポジションを勝ち取るには至っていない。

アーセナル時代の「エメリの秘蔵っ子たち」

 そのビジャレアルに久保と同じく今年からやってきたのが新監督のウナイ・エメリだ。彼はもともとはアルメリアやセビージャといったスペインのクラブを率いて一流の監督という評判を確立し、PSG、アーセナルを経て母国で再び指揮を執ることとなった。

 以前は若手の登用にそこまで積極的というイメージはなかったが、最近はその印象は変わりつつある。

 例えばアーセナルでは、エメリの秘蔵っ子ともいえるゲンドゥージをはじめ、サカ、マルティネッリ、ウィロックといった10代の若手にファーストチームでのチャンスを与えた。

 したがって、今年も経験不足を理由に久保の出場機会が限られるという事はないはずだ。大いにチャンスはあるだろう。

 ではエメリの信頼を得て、チームでの立場を確立するには久保はどのようなことを心掛けるべきなのだろうか。直近のアーセナル時代の彼のスタイルや若手の起用方針に焦点を当てながら紐解いていこう。

自分の色を失った“カメレオン”?

 エメリのアーセナル時代の印象を一言でいうと、良くも悪くも”変幻自在”といったところだろうか。筆者はサッカーが好きというよりアーセナルが好き、と言っても良いくらいの生粋のアーセナルファンなのだが、自分達のやり方を貫く事にこだわるベンゲル監督のスタイルに慣れていた分、エメリのスタイルは非常に新鮮に感じられた。

【次ページ】自分の色を失った“カメレオン”?

1 2 3 4 NEXT
久保建英
ウナイ・エメリ
ビジャレアル
アーセナル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ