猛牛のささやきBACK NUMBER

オリックス田嶋大樹を変えたコーチの叱責 「180度変わった」思考で掴んだプロ初完封 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/10/01 07:00

オリックス田嶋大樹を変えたコーチの叱責 「180度変わった」思考で掴んだプロ初完封<Number Web> photograph by Kyodo News

プロ入り後初となる完封勝利をあげた16日の楽天戦。捕手・伏見と笑顔でハイタッチした

高山さんに言われなかったら……

 完封する1週間前の9月9日の西武戦では、2回9失点と打ち込まれたが、それでも自信を失うことはなかった。

「悔しいですけど、1回ぐらい、ダメな時もある。もちろんその1回ぐらいがなくなればいいんですけど、今の僕のレベルでそんなに欲張れないなと思って、切り替えました。ずっと続けてきたことがそれまでは結果になっていたので、何があっても続けてみようと思った。そういう気持ちで1週間過ごしたら、完封できました。あ、やっぱり自分でしっかり考えてやってきたことは、花咲くんだなと思いましたね」

 昨年8月21日のベンチで、「何やってたんだ」の言葉に打ちのめされてからの、すべてが今につながっていると言う。

「高山さんに言われなかったらたぶん今はない。ほんとに感謝ですね」と笑った。

 今年、田嶋の思考は「180度変わった」。ネガティブだった思考が、ポジティブに回転するようになった。勝てばさらに自信を増し、打たれたとしても、「打たれるってことは、まだピッチャーとして下手ってことなので、まだうまくなれる、もう一段上に行けるチャンスがあるんだ」と燃える。

 タフさを身につけた24歳の田嶋は、先発として山本由伸、山岡泰輔とともに、頼れる太い柱となっている。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
オリックス・バファローズ
田嶋大樹
高山郁夫

プロ野球の前後の記事

ページトップ