マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

吉田輝星を思い出させる逸材、190cm超え“栃木の右腕”……「ドラフト最注目の高校球児10人」とは? 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

posted2020/09/18 11:31

吉田輝星を思い出させる逸材、190cm超え“栃木の右腕”……「ドラフト最注目の高校球児10人」とは?<Number Web>

今年のドラフト注目の(1)シャピロ・マシュー・一郎(投手・國學院栃木・191cm93kg・右投右打)

(5)松木平優太(投手・精華)

 反対に、嬉しそうに、楽しそうに、伸びやかに投げて、持っているものの大半を出し切ったな…そんな爽快感を残してマウンドを降りたのが松木平優太(投手・精華・180cm65kg・右投右打)だ。

 スリムなシルエットのユニフォーム姿に、スラリと伸びた長い手足。逞しい体躯ばかりの中で、逆にフレッシュに見える。

 大舞台など縁のなかった無名の右腕。それが、初めての甲子園のマウンドで、強打者相手に、嬉しそうに投げるその快速球の勢いに驚いた。

 その細い体で、どうしてこんなに生命力を感じる速球が…その驚きが、そのまま「伸びしろ」だ。下半身はまだあまり機能できていないが、長いリーチのしなやかな運動量はすばらしい。

 タテのスライダーとカーブで追い込んで、今回の練習会注目度No.1クラスの中京大中京・中山礼都遊撃手を、138キロの外角速球で空振りの三振に切ってとる。140キロに届かなくても、高校球界有数の強打者を空振り三振なら、ボールが生きている証拠。

 龍谷大平安・奥村真大三塁手が「低い!」と思って見極めた真ん中低めの138キロは、ゾーンに厳しいNPBの球審が迷わず右手を上げていた。

 体はまだ出来ていない。去年の夏から始めた「投手」だから、技術だってまだつたないはずだ。なのに、全国レベルの強打者をこれだけ封じられるのだから、持って生まれた才能はすばらしいに違いない。

 このまんま、あと7、8キロ、筋肉量が増えたなら……。胸が躍った。

 「合同練習会レポート」の後半は、投手1人に野手が4人。2会場、合計118人の高校球児たちがエントリーしたが、驚かせてくれたのは、この「10人」だけだった。

(※関連記事より【続きを読む】これが「ドラフト最注目の高校球児10人」だ! ギータのようなスラッガー、“超進学校”の190cmショート…… もぜひご覧ください)

関連記事

BACK 1 2 3
シャピロ・マシュー・一郎
桑原秀侍
豆田泰志
太田大和
松木平優太

高校野球の前後の記事

ページトップ