SCORE CARDBACK NUMBER

コート内外で話題のバトラー。新天地で漂わせる充実感。~NBAの大舞台で力を発揮できる理由~

posted2020/09/18 15:00

 
コート内外で話題のバトラー。新天地で漂わせる充実感。~NBAの大舞台で力を発揮できる理由~<Number Web> photograph by Getty Images

移籍1年目の今季はNBAレギュラーシーズンでチームトップとなる平均19.9得点、6.7リバウンドを記録した。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 フロリダのNBAバブル(NBAシーズン再開のために感染予防策をとった隔離施設)で、ジミー・バトラー(マイアミ・ヒート)が話題を振りまいている。夜明け前に部屋でドリブル練習をしてホテルから注意を受けたかと思うと、バブル内に美味しいコーヒーショップがないのを見て、自前のフレンチプレスのコーヒーメーカーでコーヒーを作り、1杯20ドルの高値で選手やコーチたちに売る商売までしている。いわく、将来コーヒーショップを開くために腕を磨いているという。

 話題となっているのはコート外の副業だけではない。本業では、東カンファレンス第5シードで、誰も優勝候補と考えていなかったときから堂々と優勝宣言。そして有言実行とばかりに、1回戦は第4シードのインディアナ・ペイサーズ相手に4連勝で勝ち上がり、東カンファレンス準決勝では、優勝候補のミルウォーキー・バックスを4勝1敗で倒し、カンファレンス決勝に駒を進めた。バトラー自身も、バックスとの初戦で40点をあげるなど、大舞台での強さを発揮してチームを牽引している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 454文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<欧州サッカー開幕特集>久保建英、リーガをゆく

関連記事

マイアミ・ヒート
ジミー・バトラー

バスケットボールの前後の記事

ページトップ