JリーグPRESSBACK NUMBER

小川佳純が盟友・巻佑樹GMからの監督オファーに即答した理由。「ピクシーもそうでした」

posted2020/09/02 08:00

 
小川佳純が盟友・巻佑樹GMからの監督オファーに即答した理由。「ピクシーもそうでした」<Number Web> photograph by FC Tiamo

今年1月から関西リーグ1部のFCティアモ枚方の監督に就任した小川佳純。チームには二川ら経験豊富な選手たちが揃う。

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph by

FC Tiamo

 驚くような再オファーが届いた。

「ズミ、監督に興味ある?」

 今年1月、現役を続行するかどうか悩んでいた。ひと月前に選手として声をかけられたときは返事を保留。J1から数えれば、5部に相当する関西リーグ1部のクラブである。正直、気持ちは前向きではなく、プレーヤーとしてほかの可能性も探っていた。しかし、このときばかりは即座に反応。名古屋グランパス時代の盟友でもあるFCティアモ枚方(大阪)の巻佑樹ゼネラルマネジャーへ瞬間的に返答していた。

「監督ならやりたい」

 昨シーズン限りでアルビレックス新潟を契約満了で退団した小川佳純は、未練なくスパイクを脱ぐことを決めた。この8月で36歳、それはプロキャリアの晩年からずっと考えていたことである。

「この選手は、あのポジションで起用したほうが、もっと生きるんじゃないかとか、自分のことよりもチームを動かすほうに興味を持つようになっていました」

選手の感覚が色あせないうちに。

 2017年途中にサガン鳥栖から新潟へ移籍して以降は他チームの試合もよくチェックし、アンジェ・ポステコグルー監督が率いる横浜F・マリノス、ジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮を執るマンチェスター・シティのサッカーに感銘を受けた。

 気付いたことをノートに書き出し、メモまで取る。引退後の人生について考えを巡らせると、自ずと道は明確になった。チームの編成に関わる強化の仕事か、トップチームを率いる監督。もちろん、簡単にたどり着けないことは分かっている。トップチームのコーチ経験を積んだり、育成年代からステップアップしていく指導者も多い。その現実は理解しているが、階段を一段ずつ上がっていくつもりもなかった。

「コーチから段階を踏んでいく流れは否定はしません。ただ、僕は選手の感覚が色あせないうちに、トップの監督になりたかったんです。プレーヤーとしての感覚をすぐに伝えたかった。だから、こんなチャンスはないと思いました。チャレンジして得るもののほうが多いなって」

【次ページ】 監督歴は関係ない。ピクシーもそう。

1 2 3 NEXT
FCティアモ枚方
小川佳純
名古屋グランパス
アルビレックス新潟
サガン鳥栖
ドラガン・ストイコビッチ
巻佑樹
二川孝広
野沢拓也
田中英雄
秋葉忠宏
市立船橋高校

Jリーグの前後のコラム

ページトップ