欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ビジャレアル・久保建英の新任務。
精鋭揃いの新チームで目指すのは。

posted2020/08/18 11:50

 
ビジャレアル・久保建英の新任務。精鋭揃いの新チームで目指すのは。<Number Web> photograph by Pablo Morano/MB Media/Getty Images

ビジャレアル移籍が決まり、印象的な黄色いユニフォームに身を包んだ久保建英。更なる飛躍を期待したい。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Pablo Morano/MB Media/Getty Images

 日本はもちろんスペインでも注目を集めた新天地は、ラ・リーガのビジャレアルに決定した。2020-21シーズンの「TAKE」こと久保建英は、昨シーズン5位の“エル・サブマリーノ・アマリーリョ”の一員となったのだ。ユニフォームカラーの黄色から、ビジャレアルは“イエローサブマリン”の愛称を持つ。

 2シーズンぶりにヨーロッパリーグ(EL)の舞台に立つチームは、新監督にウナイ・エメリを迎えている。スペインの下部リーグから実績を積み上げてきた彼は、13-14シーズンからセビージャをEL3連覇へ導き、'16年からパリ・サンジェルマンを2シーズン率いた。直近では'18年から'19年11月末までアーセナルを指揮したが、ロンドンの強豪にはタイトルをもたらすことができていない。

去ったカソルラと強力な新戦力。

 母国に戻ってきた48歳の指揮官のもとには、バレンシアからフランシス・コクランとダニエル・パレホもやってきた。29歳のフランス人MFとスペイン代表歴を持つ31歳のセントラルMF、それに19歳の日本人MFが加わったことで、アルサッド(カタール)へ去ったサンティ・カソルラの幻影に悩まされることはないだろう。

 所属元のレアル・マドリーから引き続き期限付き移籍することになった久保の新シーズンを、中西哲生氏に展望してもらおう。名古屋グランパスと川崎フロンターレでプレーした氏は、バルセロナの下部組織に在籍当時から久保を知り、その成長プロセスを定期的にかつ間近で見つめてきた。新シーズン前の短いオフにも、一時帰国した久保に技術的なトレーニングを行なっている。

【次ページ】 「個」が揃うチームで久保はどうするか。

1 2 3 4 NEXT
久保建英
ビジャレアル

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ