“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

3度の前十字靭帯断裂負った選手の物語。
札幌・深井一希の驚くべき「不屈の魂」。

posted2018/04/30 09:00

 
3度の前十字靭帯断裂負った選手の物語。札幌・深井一希の驚くべき「不屈の魂」。<Number Web> photograph by Takahito Ando

今季ここまでは好調の深井一希。フルシーズンを怪我なく走り抜けることが目標となる。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

「あの選手、怪我さえなければ良かったのにね~」

 よくこういう言葉を耳にする。サッカー選手と怪我は切っても切れない関係性にある。日々肉体を鍛え上げているプロのアスリート同士がお互いの生活、そしてチームの勝利、個人の想いなどを懸けて激しくぶつかり合うのだから、当然ながら無傷のままで過ごせるわけはない。

 怪我はサッカー選手にとっていわば宿命であり、避けて通れない道でもあるのだ。だが、その宿命の重さ、課せられる苦難の回数は、選手によって大きく差がある。

 コンサドーレ札幌のMF深井一希は、あまたいるJリーガーの中でも重すぎる苦難を何度も課せられた選手の1人だ。

 彼はこれまでのサッカー人生において、実に3度の前十字靭帯断裂という大けがを負ってきているのである。

3度も致命傷を負い、それを乗り越えた男。

 前十字靭帯断裂は、サッカー選手の怪我の中でもかなり重い部類に入る。

 前十字靭帯とは膝関節の中で、大腿骨と頸骨を繋ぐ強力な靭帯で、それが不安定な着地や無理な踏ん張りなどで断裂してしまうと、復帰までには最低でも6カ月以上の時間を要してしまう。

 一度の断裂でも相当なダメージだが、深井は2013年に札幌U-18からトップチームに昇格してからこれまでの5年半で左膝2回、右膝1回の合計3回の前十字靭帯断裂を経験した。

「3回もやっている選手ってなかなかいないですよね。でも僕は今、こうしてプロとしてプレーし続けられている。このことで……何か新境地に達したというか、逆に幸せを噛み締められているんです」

 3度の大怪我は彼をサッカー選手としてだけでなく、人間として大きく成長させたようだ。

【次ページ】 「足をついた瞬間に『ゴリ』っという音を」

1 2 3 4 5 NEXT
深井一希
早川史哉
四方田修平
北海道コンサドーレ札幌

Jリーグの前後のコラム

ページトップ