セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

人間臭いユーべ9連覇とサッリ親分。
ビッグイヤーも、獲ったるけえの。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/08/05 11:50

人間臭いユーべ9連覇とサッリ親分。ビッグイヤーも、獲ったるけえの。<Number Web> photograph by Getty Images

ロッカールームで歓喜の“スパークリングシャワー”を浴びたサッリ監督。しかしユーべの目標はすでにビッグイヤー獲得に切り替わっている。

気がかりなディバラのコンディション。

「(事実上の優勝決定戦となった34節)ラツィオ戦の後、もはや優勝は決まったという気になったもんだから、チーム全体で張りつめていた気持ちが緩んだ。一度抜けたコンセントを全員はめ直さにゃならん」

 リヨン戦に向け、サッリ親分は根性を入れ直すと強調しているが、何よりの気がかりはディバラのコンデイションだろう。

 6月中旬のリーグ戦再開以降、ユーベ攻撃陣の軸はディバラだった。絶対エースとして君臨するC・ロナウドが、再開後に5大リーグ屈指の10得点を決められたのも、サッリがベビーフェイスの10番をゴール脇のベストパートナーとして再生させたことが大きい。

 ディバラは、優勝を決めた先月26日の36節サンプドリア戦で太腿の筋肉異常を感知し前半で交代、その後の2試合を欠場した。

 回復を待つ親分は、カリアリ戦でロナウド/イグアイン/ベルナルデスキの3トップを試したものの、これがまるで機能しなかった。

“王様”ロナウドも意気軒昂。

 ディバラを起用できるか否かはリヨン戦の逆転突破はもちろん、その後のファイナル8トーナメント攻略に直結する。もちろん、リヨン戦にはロナウドも並々ならぬ意気込みで臨んでくるだろう。

 今季のセリエAでも31ゴールを記録して、欧州3大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア)それぞれで50得点達成という偉業を成し遂げたが、インモービレ(ラツィオ)に競り負ける形でセリエA得点王を取り逃した。衰えることを知らないゴールへの渇望はCLに向けられる。

 また、今回のファイナル8トーナメントは母国ポルトガルにおける集中開催とあって、ロナウドは一層高いモチベーションで臨んでくるはずだ。

 “王様”は過去の大会でも、大舞台になればなるほど勝負強さを発揮してきた。あらゆる指導者が頼りにしたくなるのも無理はない。

【次ページ】 9連覇達成も色々と隙が多かった。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
ユベントス
マウリツィオ・サッリ
クリスティアーノ・ロナウド
パウロ・ディバラ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ