サムライブルーの原材料BACK NUMBER

四国ダービー、0-3から逆転の立役者。
愛媛FCのラッキーボーイ・西岡大志。

posted2020/07/18 09:00

 
四国ダービー、0-3から逆転の立役者。愛媛FCのラッキーボーイ・西岡大志。<Number Web> photograph by EHIME FC

6月27日、徳島ヴォルティスとの“四国ダービー”で4点目を決めて、0-3からの逆転勝利に導いた愛媛FCの西岡大志。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

EHIME FC

 勢いのあるチームには、勢いをもたらすラッキーボーイがいる。

「ボーイ」と付くくらいだから基本的に若い選手が対象だとは思う。18歳ながらレギュラーに定着しつつある横浜FCの斉藤光毅などはまさにそうだ。

 ただ、「チームに好影響を与える伸び盛りの選手」と定義すれば、真のブレイクまで至っていない選手もその範疇に入ってくる。

 川崎フロンターレを首位に押し上げた26歳、長谷川竜也もいい。苦労してきた分“弾け感”と“チャンスをものにしてやる感”がビンビン伝わってくる。

 そうなのだ。

 忌野清志郎が優しく歌い上げる「ラッキー・ボーイ」が頭のなかに流れる。

<だけどLucky Boy 本当は運がいいのさ きょうはちょっとついてないだけさ>

 失敗しても前を向こうとするboyへの応援ソングだった。

“四国ダービー”で見つけたラッキーボーイ。

 再開したJリーグに、ラッキーボーイを見つけた。忌野清志郎の世界から、飛び出してきたようなラッキーボーイを。

 J1に先駆けて再開となったJ2。

 6月27日、ニンジニアスタジアムでは愛媛FCと徳島ヴォルティスの“四国ダービー”がリモートマッチで開催された。

 前半、愛媛はセットプレーから3点を徳島に奪われて0-3で折り返す。

 システムを4バックから3バックに変更した川井健太監督、後半スタートから5人交代制を利用して一気に3枚替えという大胆策に打って出る。そこから3点を返して同点に追いつき、アディショナルタイムも提示された8分のうち5分を過ぎた。

【次ページ】 3点ビハインドを覆す大逆転勝利の立役者。

1 2 3 4 5 NEXT
西岡大志
西岡大輝
愛媛FC

Jリーグの前後のコラム

ページトップ