Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<日本男子バレーの次世代エース>
西田有志の飛び込む心に学べ。

posted2020/07/23 08:30

 
<日本男子バレーの次世代エース>西田有志の飛び込む心に学べ。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

相手ではなく常に自分を意識する、それが西田有志がたどり着いたメンタル論だ。

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

「人生ネガティブに生きても面白くない」
バレーボール日本代表が誇る若き主砲は、成功も失敗も前向きに捉え、成長の糧にする。

 かつて、自らのサーブでここまで劇的な勝利を演出した日本人選手がいただろうか。

 2019年10月15日。バレーボールワールドカップ男子大会最終日、日本対カナダ。セットカウントは2対2の終盤、サーブ順は19歳の西田有志に巡って来た。

 フーッと息を吐き、高く上げたトスを最高打点で左手が捉え、力強く叩き込む。まるでバックアタックのような強烈なサーブで、1本サービスエースを獲ったかと思えば、また1本、さらに1本と加速する。

 9対9から5本のサービスエースを含む6連続得点で15対9。劇的な勝利以上に、何ともはや、神業とも言うべきサーブを、最後の最後、緊迫した場面で打てる逞しさ。

 まさに狙い通り、と思いきや、本人は実は違うと言う。

「サービスエースを獲ってやろう、とは全然考えていなかったんです。ただいつも通り打とう。それだけ考えていたんですけど、サーブを打つ時に(優勝した)ブラジル(の選手)が応援しているのが見えたんですよ。応援してくれるのは嬉しいし、ありがたいです。でも、なに余裕で応援しとんねん、って思ったら、何か悔しくて(笑)。俺らもあっち側に行きたい。絶対ブラジルに勝ちたい。だからこんなところで負けてられん、と思って気合が入りました」

 バレーボールのさまざまなプレーの中で、最もメンタルとリンクしているのがサーブだ。スパイクやブロックは、その前のトスやレシーブも関連するが、サーブは8秒以内であれば、打つタイミングや場所を決めるのは自分自身。唯一の個人技だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3774文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メンタル・バイブル2020

Sports Graphic Number 1007

メンタル・バイブル2020

 

西田有志
石川祐希
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ