オリンピック4位という人生BACK NUMBER

<オリンピック4位という人生(12)>
北京五輪 女子卓球・福岡春菜 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2020/07/05 09:00

<オリンピック4位という人生(12)>北京五輪 女子卓球・福岡春菜<Number Web> photograph by AFLO

韓国との3位決定戦、2連敗で追い込まれた3戦目のダブルスを平野早矢香(右)と戦った福岡春菜。

「メダルを取れたのは春ちゃんの……」

 薄闇に光る文字列に手が震えた。

『メダルを取れたのは春ちゃんのおかげだと思っているよ。ありがとう――』

 乾きかけた涙腺が決壊した。熱いものがとめどなく溢れた。しんとした部屋に嗚咽を響かせ、福岡は泣いた。砂に埋めた、あの日の自分に向かって泣き続けた。

「あの愛ちゃんのひと言で、私はようやく北京の記憶と向き合うことができたんです。さやかちゃんは帰国したあと、私にメダルをかけにきてくれました。私は失敗した。ずっとそう考えてきたんですけど、すごいことだったんだなと思えたんです。王子センターに行っていなければ私はなかったし、(石川)佳純ちゃんがもう1年早くデビューしていたら、私はたぶん北京には出られなかった。私の平凡な人生の中で、あれはほんとうに奇跡だったんです」

 今、二児の母として陽だまりの中にいる福岡にはよくわかるのだ。

 オリンピックは誰のものか。人生は誰のものか……。あのラケットは今もケースに入れて大切にしまってある。

福岡春菜(卓球)

1984年1月25日、徳島県生まれ。四天王寺高、日本大を経て、中国電力入社。'06年世界卓球団体戦では5戦4勝と健闘し、日本の銅メダル獲得に貢献。'15年現役を引退、会社の同僚と結婚。現在は育休を取得し子育てに専念している。

 ◇ ◇ ◇

<この大会で日本は…>
【期間】2008年8月8日~8月24日
【開催地】北京(中華人民共和国)
【参加国数】204
【参加人数】10,942人(男子6,305人、女子4,637人)
【競技種目数】28競技302種目(BMXなどが追加)

【日本のメダル数】
金9個 吉田沙保里(レスリングフリー55kg級)、ソフトボール など
銀8個 男子4×100mリレー、内村航平(体操個人総合) など
銅8個 松田丈志(200mバタフライ)、谷亮子(柔道48kg級) など

【大会概要】
中国で初の開催となり、メインスタジアムの通称“鳥の巣”が注目を集めた。ウサイン・ボルトが100m、200mで世界新記録を達成。オールプロで挑んだ野球・星野ジャパンは4位、金メダルに輝いたソフトボールとともにロンドン五輪以降は競技から除外となった。法華津寛(馬術)が日本史上最年長の67歳で出場したことも話題に。

【この年の出来事】
福田康夫総理が辞任。中国製ギョーザ中毒事件。オバマ氏が大統領選勝利。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
福岡春菜
福原愛
平野早矢香
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後の記事

ページトップ