All in the Next ChapterBACK NUMBER

プロからアマ、そして再びプロへ。
高山勝成の数奇なボクシング人生。
 

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph byDaiki Tanaka

posted2020/06/19 19:00

プロからアマ、そして再びプロへ。高山勝成の数奇なボクシング人生。<Number Web> photograph by Daiki Tanaka

再びプロに転向し、次戦に向けてひたむきに練習を続ける37歳の高山。2005年にWBC世界ミニマム級王座を獲得し、世界王者の仲間入りを果たしている。

今回の挑戦は「自分との闘い」。

 周囲は無謀だと言う。しかし、本人は可能だと信じ疑わない。時間をかけてでも、必ず高き山の頂点へ到達する。ボクシングを始めてから23年間、時間を掛けながら悔いを喜びに変え、周囲を驚かせてきた。

 高山勝成は今回の挑戦は自分のわがままであり、あくまで自分のためだと語る。

「ファンの皆さんにメッセージを、と言われると……今回の挑戦は、自分との闘いであり、自分のための挑戦です。皆さんに喜んでもらえるように、なんてとても言えません。僕自身が自分との勝負に勝って、そして結果がついてきた時にファンの皆さんがどう感じてくれるか……もし、そこで喜んでくれたら最高ですが、とにかく今は自分のためにリングに上がります」

 おそらく次の対戦カードは人生最大にして、最後のトライになるとも思われる。現代のボクシング界において道なき道を行く彼が、自らが求める最後のベルトを巻いたとき、どんな言葉が聞けるだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
高山勝成

ボクシングの前後の記事

ページトップ