日々是バスケBACK NUMBER

NBAがついに再起動! その内容は……。
「最終的にマイケルの意見に同意した」

posted2020/06/06 11:50

 
NBAがついに再起動! その内容は……。「最終的にマイケルの意見に同意した」<Number Web> photograph by Getty Images

偉大なるプレイヤーにしてシャーロット・ホーネッツの球団オーナーでもあるマイケル・ジョーダン。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 NBAが、シーズン再開に向けてようやく動き始めた。3月11日、選手の中から新型コロナウイルス陽性が出たのを受けて中断してから3カ月近くもの間、コミッショナーのアダム・シルバーは選手会やオーナーやGMたち、そして感染症専門家の意見に耳を傾け、慎重に全米の感染データや検査の状況を調べ、時期を見計らっていた。

 6月に入って、ようやく再開のための大枠案を提出し、6月4日にオーナー会議が、6月5日に選手会が承認した。

 まず、この再開案を簡単にまとめよう。

■開催地
 フロリダ州ウォルト・ディズニーワールド内にあるESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックスの施設を複数使って集中開催。

■参加チーム
 全30チーム中上位22チーム。プレイオフ圏内から6ゲーム以上差をつけられている8チームは再開することなく、シーズン終了。

■日程
◎レギュラーシーズン(シーディング・ゲーム)
 7月31日から16日間。各チーム8試合ずつを戦う。
◎プレイイン・トーナメント
 各カンファレンスの8シードと9シードのチームのゲーム差が4ゲーム以内だった場合に、プレイオフ進出チームを決める対戦。8シードのチームは1勝、9シードのチームは2勝でプレイオフ出場権獲得。
◎プレイオフ
 通常通り16チームが東西カンファレンスに分かれ、7戦シリーズのプレイオフを4ラウンド。東の勝者対西の勝者によって行われるNBAファイナル第7戦は最も遅くて10月12日に開催。

いつもと同じフォーマットで良いの!?

 明らかになった試合のフォーマットで意外だったのは、いつものフォーマットから大きな変更がなかったことだ。

 感染防止や短縮スケジュールのためにチーム数は22に減らされ、新たにプレイイン・トーナメントを採用したが、プレイオフ自体は従来と同じ、東西カンファレンスに分かれた7戦シリーズ、4ラウンドのトーナメント形式で行われる。

【次ページ】 新しい試みを入れなかった、その大きな理由。

1 2 3 NEXT
マイケル・ジョーダン
シャーロット・ホーネッツ
アダム・シルバー

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ