競馬PRESSBACK NUMBER

63年ぶり無敗の牝馬二冠なるか。
松山弘平が語るオークスでの焦点。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/05/22 20:30

63年ぶり無敗の牝馬二冠なるか。松山弘平が語るオークスでの焦点。<Number Web> photograph by Kyodo News

桜花賞後にはダービーも示唆するなど、デアリングタクトに2400mの距離は問題ない。

相手以上にテンションがカギだった。

 同じ過ちを繰り返さないため、最終追い切りは単走にした。ここで再び松山騎手の言葉。

「力ませないように気持ち良く走らせなければ、と思っていたら杉山先生も同じように考えておられたようで、単走でという指示がありました。お陰で良い追い切りが出来て、うまくリカバリー出来ました」

 こうして桜花賞当日を迎えた。デアリングタクトの馬体重は前走と全く同じ466キロ。ただそれぞれ11頭、12頭だった過去2戦と違い18頭のフルゲート。GI馬のレシステンシアも参戦するなど相手関係も強化されていた。このあたりを参謀はどう考えていたのか……。

「頭数もですが、やはりGIですからゲートは五分で出て欲しいと思いました。そのためにはやはりテンションがあまり上がって欲しくはない。相手関係よりもそんなふうに考えていました」

 一方、手綱を取るパートナーは次のように感じていた。

「重馬場はこなせると思っていたけど、直前の雨で果たしてどうか? という気持ちにはなりました。あと、良い脚を使えるのは分かっていたけど、これもGI馬を相手にどこまで通用するのかはやってみないと分からないという気持ちでした」

「松山君が内に入れてくれたことで」

 陣営はケアしたが、テンションはやはり上がった。しかし……。

「ひとまずゲートは五分に出てくれたので安心しました」と杉山調教師。一瞬、掛かりそうな素振りを見せたが松山騎手は「冷静に乗れました」。

「他の馬がどこにいるかも確認しながら冷静に、スムーズに乗れました」

 スタンドから目を凝らした杉山調教師は言う。

「折り合いを欠きそうになった時は心配したけど、それも一瞬でした。松山君が内へ入れるとすぐに折り合ってくれました」

 これなら直線で良い脚を使ってくれるだろうとは思ったそうだが、それでも4コーナーで前の馬との差を見た時には少し心配になったと続ける。

「先頭と結構、開きましたからね。正直『かわせるのかな?』とは思いました」

【次ページ】 レシステンシアに1馬身半差をつけて。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
デアリングタクト
松山弘平

競馬の前後のコラム

ページトップ