有料記事一覧ページ新設のお知らせ

メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

日本人初のマイナーリーグ監督、
三好貴士が高校生に伝えたかったこと。 

text by

上原伸一

上原伸一Shinichi Uehara

PROFILE

photograph byTakashi Miyoshi

posted2020/05/23 20:00

日本人初のマイナーリーグ監督、三好貴士が高校生に伝えたかったこと。<Number Web> photograph by Takashi Miyoshi

2月に招待されたスプリングトレーニングで出会ったトニー・オリーバ(左)とロッド・カルー。

大事なのは“グリット”と“マインドセット”。

 講演会の終わりに、三好は定時制の生徒たちにこう言った。

「11年間アメリカでやってきて思うのは、人がもともと持っている力にはそんなに差がない、ということです。では、何が差になるかというと、それは“グリット”と“マインドセット”。グリットは止まらないでやり続ける力で、マインドセットは意識づけです」

 グリットを体現してきた三好が、マインドセットの大切さを知ったのは2014年。4球団目になるグランドプレーリー・エアホッグスに在籍していた時だ。三好はある試合で3塁コーチを任された。このリーグで日本人が3塁コーチを任されたのは初めて。日本ではほとんど報道されなかったが、世界の野球からすると画期的なことだった。

「この時からですね。初の日本人監督にならなければ、と思ったのは。監督になる、と公言するようにもなりました」

 果たしてこの翌年、三好はソノマ・ストンパーズで、シーズン途中から監督になる。次の16年シーズンには前期・後期優勝の完全優勝に導き、16、17年と2年連続で最優秀監督賞を受賞した。この実績がMLB球団との契約を勝ち取る上で、大きな武器になったのは間違いない。

 有言実行することで自らをプロモートしてきた三好は、さらなるステージを目指している。

「メジャーの監督になって1000勝することです。そう言うと周りからは笑われますけどね。ハハハ」

 前人未到の山に登る挑戦。その第2章が始まった。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
三好貴士
ガルフ・コーストリーグ・ツインズ
マーウィン・ゴンザレス
ミネソタ・ツインズ
ロッコ・バルデッリ
トニー・オリーバ
ロッド・カルー
ダレル・エバンス

MLBの前後のコラム

ページトップ