酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

槙原寛己以来、完全試合達成なし。
過去と現代野球に見る難易度アップ。

posted2020/05/18 08:00

 
槙原寛己以来、完全試合達成なし。過去と現代野球に見る難易度アップ。<Number Web> photograph by Kyodo News

2020年開幕前時点で、日本プロ野球最後の完全試合を達成した最後の人物・槙原寛己。果たして令和初の大記録は生まれるか。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 5月18日は、巨人の槙原寛己がNPB最後の完全試合を達成した日だ。1994年のこの日、福岡ドームの広島戦で達成した。史上15人目。以来、26年間にわたってこの記録は出ていない。

 プロ野球の記録の中でも「完全試合」は、最も難易度が高い記録だ。個人が1試合で達成できる代表的な記録には完全試合、ノーヒットノーラン、サイクル安打があるが、難易度では断トツだ。

NPBで15回、MLBで22回の完全試合。

<NPB 1936年からの84年間>
完全試合 15回 
ノーヒットノーラン 92回 
サイクルヒット 74回 

<MLB 1871年からの149年間>
完全試合 22回 
ノーヒットノーラン 286回 
サイクルヒット 293回 

(ノーヒットノーランには完全試合を含む。ただし複数の投手によるノーヒットノーランや、自責点なし失点ありのノーヒットノーランは含まない)

 これ以外に、ノーヒットノーランは、NPBではポストシーズンで1回記録されている。
MLBでは完全試合はワールドシリーズで1回、ノーヒットノーランはポストシーズンで1回記録されている。

 この数字を見てもわかるように、ノーヒットノーランは、NPBよりもMLBの方がやや多い。これは65年の歴史差に加えて、MLBのアンリトゥン・ルール(不文律)に、「ノーヒットノーラン継続中の投手にバントを仕掛けてはならない」があることが関係しているかもしれない(サイクルヒットの出現率もMLBの方がやや高い)。

 いずれにしても完全試合は、ノーヒットノーランやサイクルヒットの数倍~10倍といってもいいくらい難しい記録だといえよう。

【次ページ】 過去15例の達成投手の成績は?

1 2 3 4 NEXT
槙原寛己
読売ジャイアンツ
藤本英雄
武智文雄
宮地惟友
金田正一
西村貞朗
島田源太郎
森滝義己
佐々木吉郎
田中勉
外木場義郎
佐々木宏一郎
高橋善正
八木沢荘六
今井雄太郎
山井大介

プロ野球の前後のコラム

ページトップ