Number on NumberBACK NUMBER

失われた賞金総額。
~ゴルファーを直撃する大会中止~

posted2020/05/17 19:00

 
失われた賞金総額。~ゴルファーを直撃する大会中止~<Number Web> photograph by KYODO

昨年の国内女子ゴルフツアーは、沖縄出身の比嘉真美子が悲願の地元優勝で幕を開けた。彼女たちのプレーが見られるのはいつになるか。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

KYODO

 大会を開催できている競技はほとんどない中で、影響を受けていない競技などないと言えるが、影響の大きさは、競技によっていろいろだ。競技の運営形態から、影響の大きいものとして、ゴルフをくわしく見てみたいと思う。

 日本のゴルフのトーナメントは、4月27日の時点で男女ともに6月まで含めて開催できないことが決まっている。男子は国内での初戦が4月16日の開幕だったのでまだ7戦にとどまっているが、3月5日に開幕するはずだった女子のほうは、すでに14戦が取り止めになっている。年間で決まっていたのが37戦だから、3分の1あまりのトーナメントがなくなってしまったわけだ。6月11日からのサントリーレディスオープンに関しては決まっていないが、開催地である兵庫県まで集まるために、ゴルファーたちや大会の関係者が交通機関に乗ったり、宿舎に滞在したりすること自体が、新型コロナウイルスの感染の防止のためにはよくないことなので、簡単ではなさそうだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1632文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ