酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

魅惑の「チーム高橋」。慶彦に由伸、
直樹&一三、現役も礼ら豪華投手陣。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki(L)/Hideki Sugiyama(R)

posted2020/05/14 08:00

魅惑の「チーム高橋」。慶彦に由伸、直樹&一三、現役も礼ら豪華投手陣。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki(L)/Hideki Sugiyama(R)

日本球界に脈々と受け継がれるサブマリン高橋礼(左)と天才打者・高橋由伸。この苗字もまた多士済々だ。

カープ→MLBの建に善正、聡文。

 さらに救援陣も充実しているのが、「高橋」ブルペンの豪華さだ。

高橋建(先発・救援1995-2010)
459試合70勝92敗5セーブ
1459.2回 防御率4.33

 先発、救援として長く投げた広島の左腕。打たせて取る技巧派タイプ。2009年は1年だけメッツで中継ぎ投手として投げ、翌年広島に復帰して引退した。

高橋善正(先発・救援1967-1977)
384試合60勝81敗7セーブ
1324.2回 防御率3.34

 1973年のシーズンから東映から巨人に移籍。この投手が入ったことで、高橋一三は「高橋一」と表記されるようになった。東映時代の1971年に完全試合を達成した一方で、巨人では救援投手として力を発揮した。

高橋聡文(救援2002-2019)
532試合26勝15敗2セーブ141ホールド
456.1回 防御率3.25

 中日、阪神でセットアッパーとして活躍した左腕。先発起用は1試合もない純然たる救援投手で、速球主体の小気味よい投球で打者を追い込んだ。

 これ以外にも巨人、西鉄で71勝を挙げた高橋明(1961-1972)、南海、広島、日本ハム、近鉄で61勝4セーブの高橋里志(1968-1986)など一線級の投手が結構いる。

「チーム高橋」は下位打線こそやや弱い印象を受けるが、投手陣は多彩。贅沢な投手起用ができそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
高橋慶彦
高橋由伸
高橋一三
高橋直樹
高橋光成
高橋礼
高橋周平
高橋建
高橋善正
高橋聡文

プロ野球の前後の記事

ページトップ