Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<プレイボールを待ちながら>
中田翔「恥ずかしいけどダンスで発信」

posted2020/05/09 11:30

 
<プレイボールを待ちながら>中田翔「恥ずかしいけどダンスで発信」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 ファイターズの中田翔はプレーできないジレンマを抱え、その中でプロ野球選手としてできることを模索した。無力感に苛まれながら見つけたのが、自身のイメージやシャイな殻を破ってカメラの前に立つことだった。(Number1002号掲載)

 今シーズン、ぼくたちは野球ができるのだろうか。正直に言えば、そんな不安すら抱いています。

 個人的に言えば体は最高の状態です。毎年2月に行うキャンプを今年はもう2回りか3回りくらいやっているようなものなので体力的なコンディションというのは万全です。ただ、ぼくらはボディ・ビルダーではありません。野球ができなくては意味がないんです。一体いつになったら野球ができるのか……。そういうもどかしさを日々、感じています。

 その一方で、もし急に開幕すると言われても野手ならではのジレンマもあります。

 バッターというのは「生きた球」を打たないと実戦感覚を維持していくことができないんです。いくら打撃投手の人たちに全力で投げてもらって練習していたとしても、それは公式戦で投げてくる相手ピッチャーのボールとはまったく違います。

 打席の中の感覚というのは実戦の中でしか調整することができないんです。普段ならば、それを1カ月間のオープン戦で養ってから開幕となるわけですが、今はオープン戦もできず練習試合もできません。このまま自主練習という状態が続けば続くほどバッターの試合勘というのはどんどん失われていくんです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

中田翔
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ