SCORE CARDBACK NUMBER

田中隼磨が企画した“マッチアップ”。
「こういうときだからできることを」
~ファンとスマホで1対1ビデオ通話~

posted2020/04/30 07:00

 
田中隼磨が企画した“マッチアップ”。「こういうときだからできることを」~ファンとスマホで1対1ビデオ通話~<Number Web> photograph by MATSUMOTO YAMAGA

ビデオを通じてファンと交流する田中。チームのSNSでも複数の企画が展開され、積極的な情報発信が目立つ。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

MATSUMOTO YAMAGA

 新型コロナウイルスの影響によって世界のスポーツがストップしている今、Jリーグも再開の見通しが立っていない。

 ファン、サポーターに向けて何か発信ができないか。チームの全体練習をライブ配信したり、オンラインでのファンミーティングを開催したりと各クラブはいろいろとアイデアを出しては取り組んでいる。

 そんななかファンと“1対1マッチアップ交流”に臨んだのがJ2松本山雅のキャプテン、田中隼磨である。抽選で選ばれた5組とスマートフォンのビデオ通話でそれぞれ10分ずつ、質問に答える形で交流を持った。実はこれ、田中からクラブに提案した企画だという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 614文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

田中隼磨
松本山雅FC

Jリーグの前後の記事

ページトップ