ぶら野球BACK NUMBER

斎藤雅樹はとんでもなく凄かった。
人のいい気弱な若者が遂げた変身。

posted2020/04/27 11:40

 
斎藤雅樹はとんでもなく凄かった。人のいい気弱な若者が遂げた変身。<Number Web> photograph by Kyodo News

信じられない数字を残した斎藤雅樹だが、素顔は人のいい気弱な青年だった。そのギャップもこの大投手の魅力だ。

text by

中溝康隆

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 その男は万年トレード候補だった。

 1986年オフ、パ・リーグで2年連続三冠王に輝いたロッテの主砲・落合博満の巨人移籍が連日報道されていた。まだ日本球界にFA制度が存在しなかった時代、ストーブリーグの話題と言えば大型トレードネタである。

 結局、落合の移籍は12月23日午後10時過ぎに球団から発表され、トレード相手は巨人ではなく新監督・星野仙一の執念の巻き返しで逆転した中日だった。その夜、落合の中日入団会見はテレビ朝日系『ニュースステーション』で緊急生中継。

 それをブラウン管の向こう側でかじりつくように見ていた21歳の巨人若手投手の談話が、当時の報知新聞に掲載されている。

「トレード要員として、ボクの名前が出てきたでしょ。ある新聞で『もし行けと言われたら?』と聞かれて『仕方ないでしょう』と答えたら『移籍OK』みたいに書かれてしまった。あれはマイッタですよ。両親も『決まったら決まったで仕方ないよ』と変ななぐさめ方をするし……」

 まるで合コンでしくじったさえない大学生のようなコメントだが、そんな人のいい気弱な若者が、のちに“平成の大エース”と呼ばれる斎藤雅樹である。

平成前半の斎藤はとんでもなかった。

 通算180勝96敗、防御率2.77。個人的にこれまでリアルタイムで見てきた中では歴代ナンバーワン投手だ。145キロ超えの直球とキレキレのカーブを武器にする本格派サイドスロー。

 とにかく平成前半の斎藤はとんでもなく凄かった。

 なにせ’89年から’96年の8シーズンで、沢村賞3度(史上最多タイ)、最多勝5度(スタルヒンに次いで歴代2位)、最優秀防御率3度、最高勝率3度、最多奪三振1度、3年連続開幕戦完封を記録。仮に10年遅く生まれていたらメジャー球団の大争奪戦になっていた可能性が高いが、時代の変わり目の日本球界でひたすら勝ち星を積み重ねた。

【次ページ】 三本柱は桑田、槙原、水野だった?

1 2 3 4 NEXT
斎藤雅樹
王貞治
藤田元司
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ