プロ野球亭日乗BACK NUMBER

関根潤三、長嶋茂雄への熱い思い。
ヤクルトでも監督を譲りたかった。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/04/10 12:00

関根潤三、長嶋茂雄への熱い思い。ヤクルトでも監督を譲りたかった。<Number Web> photograph by KYODO

1986年10月、ヤクルト監督就任の記者会見をする関根潤三さん。ヤクルトでも“ミスタープロ野球”に監督の座を譲りたい気持ちがあったという。

大学時代は渋谷で暴れ回った。

「大学時代は親友だった根本陸夫さん(元広島、西武、ダイエー監督)と渋谷で暴れ回ったというエピソードは有名で、怒るととても怖い人でした。でも本質は義理人情に厚く、何より面倒見のいい人なんです。

 自分が身を引いても長嶋さんを監督にしたいと思い続けた。ヘッドコーチとして長嶋さんの最初の監督のときに力になれなかった。そのことへの思いもあったのかもしれませんね」

 深澤さんは静かに思いを馳せる。

 監督生活6年で優勝はないばかりかAクラスも'83年に大洋で3位となった1回きりだ。

 名将ではないかもしれない。

 しかし人を育て、野球界と野球ファンのためにという人一倍の思いで生きた人だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
関根潤三
長嶋茂雄
深澤弘
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ