メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

こんな時だからこそ思い出す
1995年の野茂英雄と野球の力。 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byKoji Asakura

posted2020/04/06 07:00

こんな時だからこそ思い出す1995年の野茂英雄と野球の力。<Number Web> photograph by Koji Asakura

メジャー1年目で13勝6敗、防御率2.54の戦績を残した1995年の野茂英雄。最多奪三振(236)とリーグ最多の3完封も記録した。

「Baseball needed him」

 先駆者として、野茂は初勝利を挙げる以前から「僕はやらなきゃ、あかんのです。僕が失敗したら日本人選手にダメの烙印が押される」と、覚悟のほどを語っていた。その中で独特なトルネード投法で米国を席巻し「NOMO MANIA」なる言葉も生んだ。

 マジック1で迎えたシーズン最終登板では8回を6安打、2失点、11三振の好投で13勝目を挙げ、チームを地区優勝に導いた。試合後のロッカールームではチームメイトが「NOMO! NOMO!」の大合唱。笑顔で頭を下げる野茂の姿も忘れないが、トミー・ラソーダ監督の言葉には胸が熱くなった。

「Baseball needed him」(野球が彼を必要としていたんだ)

 労使交渉でファン離れが激しかったMLBを救った救世主として最大限の賛辞を送った指揮官は更に続けた。

「日本人は彼を誇りに思っていい」

 選手が持つ果てしない可能性と野球が持つ力を示した25年前のエピソード。今年も野球が再開されれば、希望に満ち溢れる日々がきっと始まる。

関連記事

BACK 1 2 3
野茂英雄
ロサンゼルス・ドジャース

MLBの前後の記事

ページトップ