野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

“人類を進化させる男”の諫言。
「日本人よ、今こそ免疫を上げろ」 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/03/21 19:00

“人類を進化させる男”の諫言。「日本人よ、今こそ免疫を上げろ」<Number Web> photograph by Getty Images

何事も、最後の最後は個人の対応力が勝負を分ける。それは感染症でも同じことなのだ。

買い占めの前に腸を整えろ。

――気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている身としては、なかなか難しいのですが。

「自分の身を守りたかったら身体に良いものを食べるべきです。足りない栄養はサプリメントなどを活用してもいいですが、健康に近道なんてものはありません。忙しさを言い訳に手間を避けてきた人たちも……この新型コロナの危機を迎えた今だからこそ、免疫力を通じて健康への意識を変える。即ち進化するチャンスなんですよ。

 将来的には国民健康保険も厳しい状況になることはわかりきっていますし、病を未然に防ぐ“未病”にもっと真剣に取り組まなければいけない。そういう意味では、“腸のマネジメント”を真剣に国をあげてやるべきだと思っています」

――腸内環境が抜群に素晴らしいはずのアスリートでさえも陽性が出ていますが、重症化に至っている報道はまだありません。コロナから完全に逃げ切ることはできずとも、免疫の力で最後の砦は越えさせないということですね。

「国やワクチン作っている人は一生懸命やっているので、そちらはお任せして、自分たちができることを全力でやることです。国がどうとか、総理がこうだとか文句を言うのもいいでしょう。しかし、文句を言う前に、自分の腸を防衛してほしい。マスクやトイレットペーパーを買い占めることに労力を使う前に、腸を整える生活を心がけてほしい。

 国や他人のせいにできる時代もあと少しですよ。自分の身は自分で守る時代です。健康への意識を高めて、超人化するぐらい免疫を高める。これはぼくの恩師の恩師である偉い方が言ってましたが、やらないでいるよりやったほうが“ずっと”いいんですから」

もしかしたら人類の進化が……。

 今回の新型コロナウィルスはまだまだ未知の部分が多く、家族や大事な人たちが、発熱したり、咳が出て、検査もできずに、たとえ治癒したとしても、いろんな情報が入ってくるたび胸がしめつけられたりと、毎日毎日不安は尽きません。

 ただ、今目の前にいるウィルスを誰かのせいにしたところで健康は守れません。明日やろうやろうと思っていた健康への意識を変えるチャンスは今この時。早寝早起きでも、健康的な食事でも、十分な休息でも、ひいきチームの優勝シーンを見るのでも、ひとりひとり、できることからやることやって、免疫あげて、この難局を乗り切っていきましょう。

 その先には、もしかしたら人類の進化なんてものが……あるのやもしれません。

関連記事

BACK 1 2 3

プロ野球の前後の記事

ページトップ