Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

筒香嘉智、MLB1年目に迷いはない。
「バット1本だけ持って勝負しに」 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2020/03/22 11:40

筒香嘉智、MLB1年目に迷いはない。「バット1本だけ持って勝負しに」<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya

1月12日、筒香嘉智は中学時代に所属した堺ビッグボーイズで、選手たちと楽しそうに野球の練習に興じた。

DeNAでいい成績を残したかったが。

――準備できることは、すべて準備できましたか?

「本当は去年、ベイスターズでいい成績を残して行きたかったです。でもまだムリでした。終わってないことがあった。そうやってネガティブになった瞬間に、いろんなものが出てきた感じですね。それを見過ごしてやっていたら、問題に気づきもせずにアメリカでまた同じテーマで苦しまなければならなかったと思います」

――そこはクリアした状態で渡米できる?

「今はスッキリしています」

――2016年に44本塁打して、その後は本塁打数が減っていることを気にする声もあります。そこは数字ではなく、課題を潰してきた結果という意識ですか?

「数字で評価される世界で、数字が出てないのは事実です。ただ、僕がやっていることは、周囲からは絶対に分からないのだろうなとも思います。もちろん結果を出したかったけど、バットマンとしてより高みを目指すために、やらなければならないことをやっていた結果でした」

――意地悪な言い方をすれば、メジャーでもテーマを潰している間に終わってしまう危険性はないですか?

「メジャーに行くのは、自分のバッティングを探しに行くわけでもないし、勝負して数字を出してチームに貢献するために行く。自分の中ではすごくシンプルだと思います」

バット1本だけあれば野球はできる。

――日本では過程が大事だったが、メジャーでは結果を残すことが目標になる?

「だから、バッティングだけでいえば、これからは『その場しのぎ』もあると思います。いままではその場しのぎは我慢してやらずにきましたけど、これからはその場しのぎでも、結果を出さなければならない。そのためにこれまで引き出しを増やしてきたわけだから、それがやっと使える時がきたというイメージですね」

――チームの勝利にどれだけ貢献できるか、という目標は一緒だけれど、これからは日本にいるときとは違った打席へのアプローチになっていくということですね?

「そうですね」

――ボンズのホームランを観て子供の頃からメジャーに憧れ、ずっとメジャーで勝負したい、そのためには何が必要か、とプロに入ってからも模索してきました。その勝負の舞台の入り口に立った。最後にいまの正直な心境を教えてください。

「イメージで言えば、もうバット1本だけ持って勝負しに行くぞ、という感覚です。なんか色々と整えて行くというより、バット1本だけあれば野球はできる。それで勝負しに行くぞ! そんな心境です」

(Number996号『[メジャー挑戦を語る]筒香嘉智「勝負する準備はできた」』より)

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
筒香嘉智
タンパレイ・レイズ
横浜DeNAベイスターズ

MLBの前後の記事

ページトップ