マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

パの新人王に推す、狂気の右投手。
津森宥紀を3位で取れたSBの幸運。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/03/11 11:40

パの新人王に推す、狂気の右投手。津森宥紀を3位で取れたSBの幸運。<Number Web> photograph by Kyodo News

津森宥紀のリリーフ適性はいかにも高い。大学投手として9人目、という評価を覆すチャンスは多いにある。

「津森、あいつ、爪ないんですよ」

 こういうヤツが、デカイこと、やってのけるんだよな……。

 そんなことボンヤリ考えていたすぐ横を、東北福祉大の関係者が叫びながら通り過ぎた。

「知ってます、安倍さん? 津森、あいつ、爪ないんですよ! 指の爪ないのに147キロや! あいつ、ほんまおかしいですよ!」

 聞けば前の試合中に、ダクアウトで右手人差し指の爪がはがれてしまったという。

 それでも、「全国」が懸かった決勝戦に志願でリリーフ登板。痛くないはずないのに、指先感覚だって微妙に違っていたはずなのに、いつも以上の猛烈投球で最高峰へ駆け上る。

 この狂気をよし! とするのか、大切な舞台でエースのくせに大切な指先を……それを「不注意なヤツ!」と見損なうのか。確かに、評価の分かれるタイプではあった。

 それが、「大学投手5人目」という指名順位になったのかもしれないし、快速球以外、特別な変化球が見当たらないことも、その理由になったのかもしれない。

 しかし、これだけ打者の手元までエネルギーを失わない速球があれば、曲がりの大きな変化球がなくても、1イニング3人20球、打者を圧倒できよう。

 ツーシームか、カットボールか、わずかに密かにスッと動く「ストレート系変化球」を1つか2つ。こいつがあれば、鬼に金棒か。

能力と、巡り合わせが生む新人王。

 今回の「勝手に新人王探し」。

 セが巨人・戸郷翔征。パがソフトバンク・津森宥紀。

 たまたま、とんがった投げっぷりの右投げサイドハンドがかぶったが、今のプロ野球界にあまりいないタイプの2人でもあろう。

 去年の今ごろ、同じような「新人王占い」で、セは阪神・近本光司! と言いきって大笑いされたことがあるが、果たして今シーズンはどんな展開になるのか。

 どんなに優秀な人材でも、そこに強力なレギュラーがいたら、なかなか能力を発揮できないのも「プロ」のきびしいところだ。そういう意味でも、ハマりそうな2人。

 まだいつ始まるともわからない今年のプロ野球だが、選手たちが「その時」をめがけて腕を撫していることには変わりはない。

関連記事

BACK 1 2 3
津森宥紀
東北福祉大学
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ