オリンピックへの道BACK NUMBER

「親への一生の恩返しになる」
スケボー白井空良、五輪で金を狙う。

posted2020/03/08 08:00

 
「親への一生の恩返しになる」スケボー白井空良、五輪で金を狙う。<Number Web> photograph by  Yuki Suenaga

白井は、手すりや階段などを模した構造物を使って技を繰り出す「ストリート」で東京五輪の金メダルを目指す。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 滑走音が広い空の下に響く。

 冬晴れの1月中旬、神奈川県にある公園の一角。黒キャップに白いパーカー、ジーンズに身を包んだ青年が足をスケートボードに乗せ、走ってくると、トリック(技)を繰り出す。そのさまは、ボードが足元に吸いついているかのようだ。

 失敗すれば、「ああ」と悔しがる。何度もチャレンジする。そこに限りない真摯さが漂う。

 ついに成功する。

「やっと決まりました」

 白井空良は笑顔を見せる。

 東京五輪の代表を目指し、そしてメダルを目標に掲げるトップスケートボーダーの1人だ。

五輪予選を兼ねた大会で優勝。

 スケートボードは2種目あり、白井が取り組むのは「ストリート」。手すりや階段などを模した構造物(通称セクション)が配置されたコースで実施され、選手はそれらを使って技を繰り出す。

 2月20日の時点で、白井のストリート男子の世界ランキングは4位。
数々の大会で残した成績に基づくこの順位が、白井が備えた実力を物語っている。

 躍進を遂げたのは2019年の終盤からだった。

「去年は、自分がいちばん驚いているけれど、すべてがうまくいっていました」

 11月には、リオデジャネイロで行なわれたSTUオープンで優勝。五輪予選対象大会での優勝をこう振り返る。

「世界大会での優勝って、夢のまた夢だったので驚きました」

【次ページ】 スキルが上がった理由とは?

1 2 3 NEXT
白井空良
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ