スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

香川真司がマドリー戦で覆した
「期待外れ」の声と、潜む悔しさ。

posted2020/02/07 11:50

 
香川真司がマドリー戦で覆した「期待外れ」の声と、潜む悔しさ。<Number Web> photograph by AFLO

クロース、マルセロ相手にも臆さない。マドリー戦で見せた香川のプレーぶりには、経験値の高さを感じた。

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph by

AFLO

 今季のコパデルレイは、準決勝以外のラウンドが一発勝負で行われている。

 しかもカテゴリーが下のクラブのホームが舞台となるため(同カテゴリーの場合は抽選で決める)、これまでのホーム&アウェー方式よりも番狂わせの可能性は確実に高まった。

 実際、セグンダBのクルトゥラル・レオネサやバダロナがプリメラ上位のアトレティコ・マドリーやヘタフェを破り、2部のミランデスがセルタとセビージャを下して8強入りを果たしている。

 しかし、それが逆にトップクラブの指揮官たちを慎重にさせ、大胆なターンオーバーを控えさせるケースもある。

 1月29日、サラゴサがコパデルレイ4回戦で対戦したレアル・マドリーもそうだった。

主力中心のマドリーにサラゴサは……。

 CL3連覇の偉業を成し遂げたジネディーヌ・ジダンは、意外にも選手時代を含めてコパでの優勝経験がない。マドリー自身、今世紀はまだ2度しかタイトルを獲得していないこともあり、ジダンは極めて慎重な采配を見せた。

 主力クラスで招集外としたのはカゼミーロのみ。控え組の起用は前線の4枚とGKのアレオラにとどめ、不動の4バックと中盤を支えるクロース、バルベルデは外さなかった。

 対照的に、昇格争いの渦中にあるサラゴサはビクトル・フェルナンデス監督がリーグ戦重視のターンオーバーを公言。4日前のヌマンシア戦から8人の先発を入れ替えてマドリーとの大一番に臨んでいる。

 香川真司もこうした背景の下、リーグ戦での“温存”を経て先発起用された1人だった。

 香川は第5節までに2ゴールを挙げた開幕当初こそ好印象を残したが、その後は体調不良や負傷離脱が重なる中でコンディションが低下。出場時間も徐々に減り、一時は1月中に移籍する可能性まで報じられた。

 そのような流れの中、フル出場したマジョルカとの3回戦では久々に好調時のパフォーマンスを発揮したのだが、この日のプレーはいよいよ完全復活を期待させるものとなった。

【次ページ】 期待外れの評価を覆す孤軍奮闘。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香川真司
レアル・サラゴサ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ