Number ExBACK NUMBER

国見史上最も丁寧にノートを書く男、
渡邉大剛の罰走で始まったプロ人生。
 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byYoshiaki Matsumoto

posted2020/01/23 11:40

国見史上最も丁寧にノートを書く男、渡邉大剛の罰走で始まったプロ人生。<Number Web> photograph by Yoshiaki Matsumoto

国見で生まれた渡邉大剛が、導かれるように小嶺忠敏率いる国見高校へ。その出会いが彼の人生を変えた。

「サッカーの見方はだいぶ変わりましたね」

 18年前、丸刈り頭でグラウンドを走り続けていた少年は現在、代理人としてスタンドから“未来のクライアント”を探している。

「サッカーの見方は、だいぶ変わりましたね。スタンドのお客さんには、なかなか伝わらないと思うんですけど、ボールのないところで効いている選手って、やっぱりいるんです。あえて前に急がずにボールを動かして、意図的に相手を疲れさせている選手。ボールを失ったときにすごく良い位置に立って、ポジショニングでカウンターを防いでいる選手がいる。

 その一方で、代理人目線ではボールを持ったときに独力で何かをできる選手が注目されやすい。海外に目を向けた場合、そのほうが選手を移籍させやすい傾向があるからです。年齢的にも、多少のミスには目をつぶってでも伸びしろやポテンシャルを持った若手のほうが、ベテランより評価されるということも理解できました」

 Jリーガー出身の代理人だからこそ、わかることがある。それでも決して“上から目線”で語らないのが、いかにも彼らしい。

「試合に出られないときの選手の気持ちだったり、監督との付き合い方だったり、選手上がりだからできるアドバイスはあると思います。その反面、契約時の交渉だったり、強化部の人とのパイプの作り方だったりは、他の業種やいろんなビジネスを経験してきた代理人のみなさんに強みがある。そこは僕もこれから経験を積んで、選手が一番幸せになるサポートができるようになりたいですね」

 Jリーグの表舞台を離れても、こつこつ、こつこつ。きっとそうやって、彼は周囲の信頼を得ていくのだろう。

Number995号「高校サッカー秘話 選手権を語ろう」では、平山相太、小倉隆史、大迫勇也選手のスペシャルインタビューをはじめ、サントス、江原淳史、片桐淳至、得点王3人の追跡インタビュー、山田隆裕と名波浩が振り返る1990年の清水商、野洲セクシーフットボールの秘密など、歴代選手権の秘話を満載しています。ぜひ、お手に取ってみてください!
<高校サッカー秘話>選手権を語ろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4
小嶺忠敏
渡邉大剛
国見高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ