Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<伝統の10番を背負って>
市立船橋・北嶋秀朗/カレン・ロバート
「色褪せぬ“和”、終わらぬ“挑戦”」

posted2020/01/25 15:00

 
<伝統の10番を背負って>市立船橋・北嶋秀朗/カレン・ロバート「色褪せぬ“和”、終わらぬ“挑戦”」<Number Web> photograph by AFLO

左からカレン・ロバート、北嶋秀朗。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

AFLO

戦後では国見、帝京に次ぐ5度の選手権制覇を果たした。代名詞ともなった組織的な守備とキレ味鋭い速攻は、いかにして作られたのか。10番を背負ったエース2人が鬼監督と過ごした日々とイチフナの強さの秘密を明かす。(Number995号掲載)

 イチフナの魂を刻んだブルーの横断幕が、いつも試合のスタンドには掲げられている。

 和以征技(わいせいぎ)。

 チームワークを以って、テクニックを征す。代々、受け継がれてきた一体感ある組織力によって市立船橋高校サッカー部は、帝京、国見に次いで戦後3番目に多い5度の選手権制覇を果たしてきた。布啓一郎監督のもと全国有数の強豪校に変貌を遂げ、1994年度の初優勝から9年間で4度も頂点に立っている。

「和以征技は布先生がよく使っていた言葉です。和が強くなるとどの相手にも勝てるし、いかようにも己を高められるんだと。本当にそのとおりだなって思うんです」

 声の主はイチフナ史上最高のストライカーと呼ばれた北嶋秀朗。41歳になった彼は現役引退後、指導者のキャリアを歩んでいる。今シーズンは大宮アルディージャのコーチを務めることに。高校で教わったことが彼の指導哲学のベースにある。

 強固な「和」はいかにして構築されていったのか。記事のテーマを伝えると北嶋はまず布との出会いから語り始めていく――。

 '93年、中3になって進路を考えていたころ、32歳の青年監督から直接口説かれた言葉は今なお忘れていない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4880文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

市立船橋高校
北嶋秀朗
カレン・ロバート

高校サッカーの前後の記事

ページトップ