Number ExBACK NUMBER

J開幕前のスター、サントスが見た
“王国静岡”の高校サッカー。

posted2020/01/22 15:00

 
J開幕前のスター、サントスが見た“王国静岡”の高校サッカー。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

Jリーグ開幕以前、サッカー界の晴れ舞台は高校サッカー選手権だった。アデミール・サントスの名は今も色あせない。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 静岡学園が24年ぶりの優勝を果たした第98回選手権大会は、高校サッカーがいつになく盛り上がった。

 決勝5万6025人と大会通算33万6999人の来場者は、いずれも史上最多。好天に恵まれたことが動員につながったが、“サッカー王国静岡の復活”も大きかった。

 マイナー時代、サッカーに憑りつかれた私の世代にとって、“王国静岡”の響きは特別な重みがある。

 Jリーグ以前のサッカーは、ワールドカップなど夢のまた夢。リアリティのある夢の頂点には、高校サッカーが輝いていた。その輝ける高校サッカーの中で、もっとも輝いていたのが静岡勢だったからだ。

 静岡勢の全盛期は1980年から'90年代後半にかけて。18年間で優勝6度、準優勝3度、3位4度を記録した。超満員の“聖地”国立には、ほとんどいつも静岡勢の雄姿があった。

 国見の長崎、青森山田の青森とは違い、静岡は群雄割拠。藤枝東、清水東、清商、東海大一、静岡学園など、どこが出ても強い。これがサッカーどころの底力だ。

 おかげで幼いころの私は、静岡県民はみんなサッカーが上手いものだと思っていた。このあたりは、ブラジルのイメージと通じるものがある。

ブラジルでカズと出会って。

 そんな“世界のサッカー王国”ブラジルから、“日本のサッカー王国”静岡にやってきた男がいる。

 '86年度、第65回大会で得点王となり、東海大一(現・東海大翔洋)を初出場初優勝に導いたアデミール・サントス(現在は三渡洲アデミール)さんだ。

 サントスさんと日本をつないだのは、静岡学園を中退してブラジルに渡ったカズこと三浦知良。ふたりはジュベントスでチームメイトになり、カズはサントスさんに高校サッカーの盛り上がりを熱く語ったのだという。

【次ページ】 「高校サッカーの人気にびっくりしたね」

1 2 3 NEXT
アデミール・サントス
三浦知良

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ