福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史が五輪世代シリア戦に望む、
「ネガティブな空気を変える存在」 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byJFA/AFLO

posted2020/01/12 11:50

福西崇史が五輪世代シリア戦に望む、「ネガティブな空気を変える存在」<Number Web> photograph by JFA/AFLO

福西氏が「関係性が良かった」と語った田中碧(写真)と田中駿汰のコンビ。強みであるシャドーを生かすために、ボランチの選択は重要となる。

黒星スタートのシミュレーション。

<同グループのシリアvs.カタールが2-2のドローで終わり、日本は残り2試合を連勝すればグループステージは突破できる。同大会を制するためには全試合勝利が必要な状況を、東京五輪に向けてのテストにしてほしいとも言う。>
 
 勝つしかなくなったぶんだけ。試合展開について難しく考えず、割り切れることをプラスに考えてほしい。サウジ戦については当然、前に挙げた攻撃のバリエーションや失点シーンの連係など、反省すべき点は数多くあります。それでも高温多湿の中での短い試合間隔で、頭も体も消耗もしていく中で、すぐに次の試合に切り替えていく必要がある。

 こういった結果になったのだからこそ、「オリンピック本番で黒星スタートになった場合」を想定して、どうチームを好転させるかのシミュレーションの機会だととらえてほしい。もちろん、本番は白星でスタートしてほしいですけどね(笑)。

 プレーはもちろん、チームマネジメントという点でもネガティブになりそうな空気を変える存在になれれば――今大会、五輪メンバー入りのサバイバルを明言している森保監督の目にも止まるはず。東京五輪のメンバー18人入りに向けて、ピッチ内外でも試される局面。そこでどれだけ自分の良さを発揮できるか。

 シリア戦以降、そんな意地に期待したいです。

(構成/茂野聡士)

関連記事

BACK 1 2 3 4
福西崇史
食野亮太郎
田中碧
田中駿汰
森保一
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ