フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

“挑戦的辞退”で世界選手権に集中。
宇野昌磨、ランビエルと新局面へ。

posted2020/01/10 11:50

 
“挑戦的辞退”で世界選手権に集中。宇野昌磨、ランビエルと新局面へ。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

全日本選手権ではショートで105.71点とISU非公認ながら自己ベストを更新、続くフリーも184.86点をマークし合計290.57点で4連覇を達成。

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 宇野昌磨が生まれ変わろうとしている。1月6日、宇野は四大陸選手権の辞退を発表した。

「年明けより、本格的にシーズン中の拠点を海外へ移したため、地に足をつける意味でもまずは新たな環境に身を慣らし、世界選手権に向けてジャンプ精度の向上と合わせて、ランビエル氏と共にプログラムの完成度を高めていきたいと考えており、今回はこのような選択をさせていただきました」

 これは異例の事態だ。

 試合数を多くこなすのがモットーである宇野にとっては、闘い方を180度シフトさせる“挑戦的な辞退”。宇野の覚醒は、いかにして起きようとしているのか。

宇野を変えた、2つの試練。

 宇野は昨季、そして今季前半と、2つの試練を味わった。

 1つ目は昨季の闘い方だった。もともとは、順位や点数にこだわるタイプではなかった。

「子供の頃から『順位を気にすると、悪い演技になるよ』とコーチに言われて来ましたし、点数や順位は気にしないようにしてきました。

 練習はもちろん1位になりたい気持ちでやりますが、本番になったら、勝ちたくても『気にしてない』と言うようにする。それが自分の心と戦う方法でした」

 しかし平昌五輪で銀メダルの快挙を遂げ、周りからの期待が変わると、宇野の意識も影響された。

「五輪の時は『試合は自分のためにやってる』と思っていました。でも五輪シーズンが終わって、いつのまにか自分なりの責任感を持ったんです。

 期待に応えなきゃいけない使命感というか、お客さんが来てくれているのに申し訳ないなという反省があり、期待に応えようという気持ちが出てきました」

【次ページ】「ゆづ君の凄さを本当に実感しました」

1 2 3 4 5 6 NEXT
宇野昌磨
ステファン・ランビエル

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ