バスケットボールPRESSBACK NUMBER

高校バスケ王国・福岡の頂上決戦。
第一と大濠、それぞれの365日間。

posted2020/01/08 08:00

 
高校バスケ王国・福岡の頂上決戦。第一と大濠、それぞれの365日間。<Number Web> photograph by Kyodo News

試合終了後、福岡第一(白のユニフォーム)と福岡大大濠の両校選手は感極まった表情で健闘をたたえ合った。

text by

古川明

古川明Akira Furukawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 1月3日、ウインターカップ(WC)王者・福岡第一の体育館で開かれたOB会には豪華な顔ぶれがそろっていた。

 2016年優勝チームの中心、重冨周希・友希の「重冨ツインズ」に、前回大会を制したチームの主将・松崎裕樹の顔もある。

 ほんの5日前、福岡大大濠との「福岡決戦」を制し、最高の幕切れを迎えたばかりのチームを祝福ムードが包む。大会で鬼気迫る表情を見せていた高校ナンバーワンPG河村勇輝(3年)ら優勝メンバーも、OBとのゲームを楽しんだ。

 前回覇者としてのプライドを示したこの1年、そして公式戦で8度も戦ったライバルとの濃密な1年を噛み締めながら。

 第一と大濠が決勝に進出したのは2001年以降で実に計14回を数える。そして今大会でついに決勝での福岡対決が実現。第一が75-68で大濠を破り、2連覇を飾った。

 県予選での対戦が「事実上の日本一決定戦」とも言われる王国・福岡。ただ、両校がたどったこの1年間の道のりは対照的だった。

大きい大濠に勝つため第一は……。

 初対決は2019年1月の県新人大会の地区予選。

「今年の大濠は大きいよね」

 第一の井手口孝監督は会場でアップを始めたライバルを見てつぶやいた。松崎が抜けた穴をどう埋めるか、大濠のエース横地聖真(3年、192cm)をどう止めるか、頭を悩ませていた。横地がボールを運びながら、得点も狙うのが大濠の戦法だった。

 新たに第一の先発に入った内尾聡理(3年)が彼を徹底マーク。河村と小川麻斗(同)が詰め寄ってフォローした。この守備が奏功し、88-74で第1ラウンドを制した。

 2月の県新人大会決勝では、第3ピリオドに13点をリードされながら「伝家の宝刀」オールコートプレスで流れを変え、67-63の辛勝。ただ井手口監督の不安は消えない。

「このままだと大濠にやられるぞ」

 そこから3月の全九州春季選手権までの約2カ月間、監督はマンツーマン守備をたたき込んだ。ボールを持たせないディナイディフェンス、素早いカバーなど、頻繁に練習を止めては説明し、反復させ、さらにコートを3往復する名物の「33秒走」で脚力を徹底的に鍛えた。

 井手口監督は第一のバスケット部創部とともに就任して25年目。指導はガムのくずを片付けるところから始まった。大濠の背中を追いかけ、「ボールを持たせない守備から速攻。これが第一のバスケ」と口酸っぱく伝えてきた。

 タレント揃いの大濠を止められれば、全国の強豪も止められる。その思いはこの年も変わらず、選手たちの成長を促していく。

 3月の全九州春季選手権では最大58点差をつけ、大濠に98-60の大勝。6月のインターハイ予選に向け力を誇示した。

【次ページ】 「第一以外には負ける気がしない」

1 2 3 NEXT
福岡第一高校
福岡大大濠高校

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ