SCORE CARDBACK NUMBER

オフに息子の試合観戦。
レブロンが見せた“父の顔”。
~父を知らない男が父になって~

posted2020/01/06 07:00

 
オフに息子の試合観戦。レブロンが見せた“父の顔”。~父を知らない男が父になって~<Number Web> photograph by Getty Images

2019年に入学したばかりのブロニー(左)は父が観戦に訪れた試合で15点をマーク。レブロンは息子の成長を喜んだ。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

「人生で最もすばらしい時間のひとつだった」

 レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)はそう言って、感慨に浸った。

 '19年12月、遠征先のアトランタでホークスに勝った後の言葉だが、終わったばかりの試合のことではなかった。開幕から好調なレイカーズの話でもなかった。その前日、遠征の合間の休養日に、アトランタから850km離れたオハイオ州コロンバスまでチャーター機に乗って見に行った高校の試合のことだった。

 高校卒業と同時にドラフト1位でNBA入りしてから16年半。NBA優勝、オリンピック金メダルを何度も達成し、MVPにも選ばれ、当たり前のように歴代のトッププレイヤーと並べて語られるレブロンが、なぜ高校生の試合にそれだけ感激したのだろうか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 573文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ