箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

青学・吉田祐也の区間新と陸上卒業。
「原監督を見返したい」から感謝へ。

posted2020/01/04 11:45

 
青学・吉田祐也の区間新と陸上卒業。「原監督を見返したい」から感謝へ。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

青山学院大で4年間努力を続け、これが陸上生活の最後と見定めた箱根駅伝で区間新。吉田祐也はたしかにヒーローだった。

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 そう簡単に選手のことを褒めない原晋監督が、最大級の表現で身長164cmの小さな4年生の快走を讃えた。

「みんな天晴れな走りをしてくれましたけど、4区は予想よりもプラスアルファが出ました。あそこまで祐也が走るとは思いませんでしたね(笑)」

 2年振り5度目の総合優勝を果たした青学大が、駅伝の流れをぐっと引き寄せたのが往路4区である。4年生の吉田祐也が衝撃の箱根デビュー。区間新記録となる1時間00分30秒の走りで首位に返り咲き、後続との差を一気に広げて見せた。

 昨年、東洋大のエース相澤晃が更新した区間記録をさらに24秒上回り、この区間2位の名取燎太(東海大)に1分7秒もの大差をつけたのだから恐れ入る。

 大会前、原監督は「今年のチームは選手層は厚いが爆発力がない。優勝するには耐えて勝つしかないだろう」と話していたが、結果は良い方に裏切られ、「ダメダメ世代」と呼んできた4年生の1人、吉田が爆発的な走りでチームに貢献。まさに優勝の立役者と呼んで良いだろう。

2年の時も3年の時も「11番目」。

 総合優勝を決めた当日、吉田本人に話を聞くと、弾むような声が返ってきた。

「本当に悔いのない走りができました。後悔のない走りをしようとチームで話していたので、それが実現できて良かったです」

 箱根での起用を明言されたのは、11月の全日本大学駅伝で5区3位と結果を残した後だった。これまで吉田はエントリーメンバーには入るものの、箱根を走る機会は与えられてこなかった。チーム1の努力家と誰しもに認められながら、監督の走りの評価は2年生の時も3年生の時も「チーム11番目」。それをめぐって、監督と意見が衝突したこともあったと話す。

「たとえば昨年は風が強くなると予想されていて、監督はそれを理由に外すと。僕自身は風に弱いとは全然思っていなかったので、そんな理由で外れるのは納得がいきませんでした。そういった認識のズレはあったと思います」

【次ページ】 陸上を始めたのは、好きな子の一言。

1 2 3 NEXT
青山学院大学
原普
吉田祐也

陸上の前後のコラム

ページトップ