箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

青学・吉田祐也の区間新と陸上卒業。
「原監督を見返したい」から感謝へ。 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2020/01/04 11:45

青学・吉田祐也の区間新と陸上卒業。「原監督を見返したい」から感謝へ。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

青山学院大で4年間努力を続け、これが陸上生活の最後と見定めた箱根駅伝で区間新。吉田祐也はたしかにヒーローだった。

「監督を超える営業マンになりたいです(笑)」

 卒業後は、大手菓子メーカーへの就職が決まっている。志望するのは営業職。かつて中国電力で伝説の営業マンとして活躍した原監督を引き合いに出し、こんな新たな目標があることを明かす。

「そこで監督を超える営業マンになりたいです(笑)。監督を見返したいという思いでずっとやってきたんですけど、今は下から4番目の選手をここまで成長させてくれたことに感謝の気持ちで一杯です。青学には僕以上に努力している後輩たちがまだまだいるので、彼らの努力もいつか報われて欲しいというのが僕の願いですね」

 これまで無名だった選手が1日にして山の神にもなり、ヒーローにもなる。だからこそ箱根駅伝は、100年の歴史を経てなお人々の興味を駆り立て続けるのだろう。

 強い青学大の復活は、吉田を始めとした4年生の奮起なくしてはあり得なかった。小さなヒーローがいたことを、96回大会の思い出として記憶に刻んでおきたい。

関連記事

BACK 1 2 3
青山学院大学
原普
吉田祐也

陸上の前後の記事

ページトップ