フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

フィギュア演技後の投げ込み禁止で
思い出す、無良崇人と一輪のバラ。 

text by

長久保豊

長久保豊Yutaka Nagakubo

PROFILE

photograph byYutaka Nagakubo/The Sports Nippon

posted2019/12/30 20:00

フィギュア演技後の投げ込み禁止で思い出す、無良崇人と一輪のバラ。<Number Web> photograph by Yutaka Nagakubo/The Sports Nippon

2019年12月、トリノでのGPファイナル女子フリー。地元猟友会? もとい、フラワーガール・ボーイたちに捕獲された巨大クマ。

ファンから提言があってもいい。

 だからこそファン側からの提言があってもいい。

 例えば花束やプレゼント。皆の思いを代表する形で1つだけをフラワーガール・ボーイが演技終了後、まだリンク内にいる選手に届けに行くのはどうだろう。

 その1点はプレゼントボックスから選ぶのか、抽選などにするのか、など決める方法は侃々諤々になるだろうが選手の誰れもが特別な舞台と位置づける全日本選手権だ。何か特別なことがあってもいい。

 親や兄弟から手を引かれて初めて立ったリンク、長い時間を過ごした場所から旅立つときには何かを持たせて送り出してやりたいと思うのは私だけではないだろう。

 あの日、2017年の全日本選手権男子フリーの日。SPで3位につけ逆転を狙った無良崇人の夢は破れた。

 魂の削り合いのような戦いの末、次の演技者であった田中刑事が平昌五輪の切符を手にした。無良の手で揺れていた赤い一輪のバラはだれが投げ入れたものだったのか、私は知らない。運命のように彼の足元まで滑っていったそれは間違いなく会場、テレビの前で手に汗握ったファンたちの思いを代表する花となった。

「ありがとう。ブラボー」と咲いたきれいな花だった。

関連記事

BACK 1 2 3
無良崇人
田中刑事

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ