酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

山田哲人、金子侑司、周東佑京。
盗塁トレンドは「失敗せず成功」。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/12/23 08:00

山田哲人、金子侑司、周東佑京。盗塁トレンドは「失敗せず成功」。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

日本シリーズや侍ジャパンでの大活躍が話題になった周東佑京。ミスしない足のスペシャリストほど頼もしいものはない。

佐々岡新監督のもとでどうなる?

 盗塁の数字が象徴しているように、今年まで広島はセイバーメトリクスなどの考え方をあまり取り入れていない球団だった。

 12球団で唯一本拠地にトラッキングシステムを導入していないなど、「昭和・平成の野球」でここまでやってきた。その一方で広島は来季、佐々岡真司新監督が就任する。

 田中広輔は極度の不振で今季後半に二軍落ち。菊池涼介はポスティングでのMLB挑戦を表明するなど、上位打線の顔ぶれも変わらざるを得ないだろう。これを機に“イケイケどんどん”の走塁方針を見直す時に来ているのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
山田哲人
金子侑司
周東佑京
田中広輔

プロ野球の前後の記事

ページトップ