F1ピットストップBACK NUMBER

死せるラウダ、メルセデスを走らす。
今もチームに残る偉大なスピリット。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/12/22 20:00

死せるラウダ、メルセデスを走らす。今もチームに残る偉大なスピリット。<Number Web> photograph by AFLO

2014年、在りし日のラウダとハミルトン。この年から偉大な連覇の記録がはじまった。

ラウダの薫陶は今も生きている。

 その2戦後のアメリカGPで、今度はハミルトンがドライバーズ選手権を連覇。通算6度目のチャンピオンに輝いたハミルトンが口にしたのも、ラウダへの感謝だった。

「ニキがここにいてくれたらと思う。もし、あのとき('12年の夏)ニキから電話がかかってこなかったら、僕のタイトルは1度限りだったかもしれない」

 コンストラクターズ選手権6連覇はフェラーリに肩を並べる記録だが、ドライバーズ選手権とのダブルタイトル6連覇は、F1史上初の快挙だ。

 偉大な記録を作った'19年のメルセデスは、最終戦でもハミルトンが勝利を収め、有終の美を飾ってシーズンを締めくくった。だが、ラウダの薫陶を受けたウォルフに、緩みはない。

「天国の上からこの様子を見ていたら、ニキはこう言うだろうね。『6連覇おめでとう。でも来年のチャレンジはもう始まっているんだぞ』と、ね」

 ラウダは、いまも彼らの心の中で生き続けている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3
ルイス・ハミルトン
ニキ・ラウダ
メルセデスAMG

F1の前後のコラム

ページトップ