SCORE CARDBACK NUMBER

今宮純の「ナンバー・アワード2019」。
~F1界で輝いた人とチーム。ホンダは?~

posted2019/12/27 15:00

 
今宮純の「ナンバー・アワード2019」。~F1界で輝いた人とチーム。ホンダは?~<Number Web> photograph by AFLO

アメリカGPでのひとコマ。左からフェルスタッペン、ノリス、アルボン。若い才能が存在感を増した1年だった。

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph by

AFLO

 終わりよければすべてよし――ハミルトンは最終戦アブダビGPを6冠王らしく、「グランドスラム(PP/優勝/全周リード/最速ラップ)」でしめくくった。開幕から無敵の独走ではなく、第4戦までは同僚ボッタスに1点差の2位。ヨーロッパ・ラウンド開始のスペインGPとモナコGP連勝から加速、チャンピオンシップを支配していった。PPは少なくてもリタイアは皆無(全戦入賞)と、隙がない強さを誇示した。

 めきめき速さを見せてきたのがフェラーリ新人のルクレールだ。特に夏休み明けの4戦連続PPで見せた集中力とスキルは、先輩ベッテルを刺激。一方同年代のフェルスタッペンとは接近戦で激闘を演じ、見せ場を作った。それが今季中盤からスチュワードの判定基準をペナルティ乱発ではなく、「レーシング・プレー」を容認する方向に変えたとも言える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 767文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

F1の前後のコラム

ページトップ