草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

ドラ1・石川昂弥の父は控え捕手。
親子二代で交差する選抜王者の絆。 

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/12/19 19:00

ドラ1・石川昂弥の父は控え捕手。親子二代で交差する選抜王者の絆。<Number Web> photograph by Kyodo News

優勝したセンバツ大会では全5試合に先発、3本塁打を放つなど投打に活躍。ドラフト会議では3球団が競合した。

親子二代でつむいだ絆。

「そうですね。父とはピンポン球を使った練習もやりましたが、細かいことを言われた記憶はありません。強く振れ、遠くへ飛ばせ、強く投げろ……。そういった基本でした」

 血の汗は流さないし、ウサギ跳びもやらなかったが、息子は強く振り、遠くへ飛ばす打者へと見事に育った。

 余談だが、山田の長男・斐祐将は「ひゅうま」と読む。東邦高3年生で、昂弥と同じ野球部員だ。選抜の開会式ではプラカードを持って行進し、試合になればスタンドから応援旗を持って声をからした。

 30年前に「平成最初の選抜王者」へ導いたエースと、陰から支えた控え捕手。今度は息子たちが「平成最後の選抜王者」となり、スタンドから懸命に支えた。親子二代、野球がつむいだ絆である。

関連記事

BACK 1 2 3
中日ドラゴンズ
石川昂弥
東邦高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ