フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

佐藤駿、ジュニアGPファイナル制覇!
ネイサン・チェンが「グレイト!」。

posted2019/12/14 11:30

 
佐藤駿、ジュニアGPファイナル制覇!ネイサン・チェンが「グレイト!」。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

優勝した15歳、埼玉栄高校の佐藤駿(中央)。左は2位のアンドレイ・モザレフ(ロシア)、右は3位のダニール・サムソノフ(ロシア)。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 12月8日に終了したトリノのジュニアとシニア合同のGPファイナル大会で、日本の佐藤駿がジュニア男子の金メダルを射止めた。ジュニアGPファイナルで日本男子が優勝したのは、小塚崇彦、羽生結弦、宇野昌磨に続いて彼が4人目である。

 初戦のレイクプラシッド大会で優勝をきめるも、2戦目のクロアチア大会では3位になり、6人目として滑り込んだジュニアGPファイナルだった。

「自分らしく演技することができて、良かったです。(この大会で)宇野昌磨選手や羽生選手に続いて優勝できたことは、とっても光栄だと思っているので、これからも頑張って練習を続けていきたいと思っています。ありがとうございました」

 佐藤は、優勝記者会見の冒頭で、訥々とそう語った。羽生結弦と同郷の、仙台出身の15歳。まだ記者会見にも不慣れなようで、小さな声で言葉を選びながら恥ずかしそうに答える朴訥な様子は、記者たちの好意的な笑顔を誘った。

「正直優勝できると思っていなくて、表彰台が目標だった。それがまさか優勝ということで、一つの目標が叶ったかなと思います」

ネイサン・チェンが「グレイト!」。

 SP3位という位置から挑戦した佐藤は、フリーの冒頭で高い4ルッツをきれいに着氷。記者席の隣に座っていたアメリカの記者は、「えっ! 彼も(4回転)ルッツ持ってたの?」と絶叫した。

 続いて4+3トウループのコンビネーション、4トウループときまっていった。2度の3アクセルもきれいに降りて、結局4回転が3度、3回転が6度のノーミスの演技。

 会場がスタンディングオベーションに包まれる中、ミックスゾーンへと走る最中にアメリカの記者の隣で見ていたネイサン・チェンに声をかけた。

「どう思いました?」

「That was great!(すごかったね!)」と答えが返ってきた。

【次ページ】 「やったー、駿! チャンピオン!」

1 2 3 4 NEXT
佐藤駿
小塚崇彦
羽生結弦
宇野昌磨
ネイサン・チェン

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ