SCORE CARDBACK NUMBER

低迷するウォリアーズの今は、
結果よりもチームの成長。
~再びNBAの頂点に立つために~

posted2019/12/12 15:00

 
低迷するウォリアーズの今は、結果よりもチームの成長。~再びNBAの頂点に立つために~<Number Web> photograph by Getty Images

ウォリアーズを率いるカーHC。厳しい状況に置かれながらも「全員にとってすばらしい経験となる」と前を向く。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今シーズンのNBAウェスタン・カンファレンスは、この数年と比べて天地が入れ替わったような勢力図となっている。何年も低迷していたロサンゼルス・レイカーズが首位に君臨する一方で、不動の王朝を築いていたゴールデンステイト・ウォリアーズが最下位に落ち込んでいるのだ。特にウォリアーズの低迷は、主力選手たちが故障欠場しているとはいえ、予想外だった。

 12月2日時点で4勝18敗という成績に戸惑っているのは、ウォリアーズのファンや選手たちだけではない。ドレイモンド・グリーンは、敗戦後に、ステフィン・カリーの7歳の娘、ライリーから「なぜウォリアーズは負け続けているの?」と聞かれたという。ライリーの父が手の骨折で欠場しているのも大きな理由のひとつなのだが、物心ついたときから、父が休んでいる試合でもチームが勝つのが当たり前の世界で育ってきたライリーには、不思議でしかたなかったようだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 480文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ゴールデンステイト・ウォリアーズ
スティーブ・カー

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ