バスケットボールPRESSBACK NUMBER

高校で県大会2回戦止まりが怪物に。
小酒部泰暉が神大バスケ部で覚醒。 

text by

青木美帆

青木美帆Miho Awokie

PROFILE

photograph byMiho Aoki

posted2019/12/09 11:40

高校で県大会2回戦止まりが怪物に。小酒部泰暉が神大バスケ部で覚醒。<Number Web> photograph by Miho Aoki

多くの有望株が台頭してきている日本バスケ界にあっても、小酒部泰暉のキャリアは異端と言えるだろう。

「あいつ、うちの練習じゃもう……」

 取材に訪れた日も、小酒部はチーム練習が終わった後に、長らく自主練のシュートを打ち込んでいた。その様子を遠巻きに見つめながら、学生コーチの野崎秀平がポツリと言った。

「あいつ、うちの練習じゃもう物足りないと思うんです」

 神大は大学バスケ界の最高峰・リーグ関東1部リーグに所属するチームではあるが、個々の中高時代のキャリアや能力をとって見ると、他チームと比べて少し劣るのは否めない(それでもエリートチームに対抗できるチーム力の高さや、何事にも手を抜かない真摯さが神大の大きな武器だ)。

 学生選抜や代表合宿などで粒ぞろいの選手たちとプレーした小酒部は、もはやこのチームの枠が窮屈になっているのではないか。野崎はそんな風に感じているというのだ。
自身も神奈川の無名高校からトップカテゴリーに進んだ幸嶋は、ことあるごとに小酒部にこう伝えているという。

「俺はもう、バスケットでお前に教えることはなくなっちゃったかもしれない。けれど、お前自身が頑張る気持ちを忘れさえしなければ、どんどんいい環境につながっていくはず。ひたむきさと謙虚さ。これが、これからのお前のすべてを支えてくれるから」

Bリーグ挑戦は間違いない。

 9日から開幕する全日本学生選手権(インカレ)の終了後、小酒部がBリーグに挑戦することはまず間違いない。それが特別指定選手契約となるのか、筑波大在学中にアルバルク東京に加入した馬場雄大(テキサス・レジェンズ)のような形になるのかはわからないが、いずれにしても、このインカレは彼にとって1つの区切りとなりそうだ。

 幸嶋が山に囲まれた小さな街で見つけ出した原石は、3年の時を経てまばゆい輝きを放つようになった。

 そのイノセントな美しさを、ぜひ、多くの人に見てもらいたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
小酒部泰暉
神奈川大学

バスケットボールの前後の記事

ページトップ