ラグビーPRESSBACK NUMBER

早稲田大10番岸岡智樹の軌道を見よ。
数学を学ぶラガーマンの「到達点」。
 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/12/08 11:50

早稲田大10番岸岡智樹の軌道を見よ。数学を学ぶラガーマンの「到達点」。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

SNSの発信でも話題を集める早稲田大SO岸岡智樹(4年)。SH齋藤直人とのコンビでチームを高みへと導けるか。

論理を知るから論理の外へ出られる。

 さて大学選手権。

 明治の充実は間違いない。そして早稲田にも王座に挑む資格はある。

 岸岡智樹が、いかに殻をもうひとつ突き抜け、チームを高みへ導くか。スーパーラグビーのサンウルブズ加入の9番、齋藤直人とのコンビネーションは大学レベルでは際立っている。相良南海夫監督の落ち着きと手腕は確かだ。多くのラグビー無名校出身者を含む全部員のまじめさ、ひたむきさはいつの時代も変わらない。しかし滑らかにまとまるだけでは勝ち切れない。古今東西、仲間との衝突をおそれぬ本物のチームワーク醸成は凱歌には欠かせぬ。

「科学と非科学の統一」「理外の理」

 早稲田ラグビーの長き命題である。数学を研究、文章をよく書くアスリートは、論理を知るから論理の外へ出られる。学生生活のフィニッシュラインが近づき、その実践のときは訪れた。

関連コラム

BACK 1 2 3
早稲田大学
岸岡智樹

ラグビーの前後のコラム

ページトップ