Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ラグビーW杯総括インタビュー>
ジェイミー・ジョセフ「ジャパンはなぜ変革できたのか」

posted2019/12/09 15:00

 
<ラグビーW杯総括インタビュー>ジェイミー・ジョセフ「ジャパンはなぜ変革できたのか」<Number Web> photograph by Getty Images

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Getty Images

吉報が届いた。ジェイミー・ジョセフ、契約更新――。次回大会の2023年まで、日本の命運は託された。なぜ、今年のW杯で8強進出を達成できたのか。指揮官の言葉を紐解くと、「ファウンデーション」と「グローカル」という2つのキーワードがあった。(Number991号掲載)

 ラグビーが見たくても、見られない。早明戦もトップリーグも、チケットは即座に完売。日本にそんな時代が来るなんて――。

 それが実現したのは、W杯でのジャパンの活躍を抜きに語れない。やはり、現代の日本では「代表」が国際競争力を持たない限り、国内における競技の発展はないのだ。

 11月18日、日本ラグビー協会はジェイミー・ジョセフと新たに4年契約を交わした。2016年の就任から、ジェイミーはどんなプランで日本をベスト8へと導いたのか。

 母国に帰国する前の指揮官を直撃した。

――いま、驚いています。すっかり柔和な顔つきになっていて……。恵比須顔ですよ。W杯期間中の勝負師としての表情がどこにも見受けられません。

ジェイミー・ジョセフ(JJ) これからニュージーランドに帰り、もう少しで家族に再会できると思うと、自然と頬が緩んでくるんですよ。

――日本国内ではたいへんなラグビーブームが起きています。4年前とはまったく違う次元での人気です。

JJ フッカーの北出卓也が考案した「北出丼」が人気と聞きました。レシピを聞いたら、たしかにそれは食べてみたい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3883文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジェイミー・ジョセフ
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ